箱根ヶ崎、今日何食べる?

「今日食べたくなるもの」をテーマに紹介する、たべものブログです

家でなに食べる?-飲み物

【グランドキリン ホワイトエール】柑橘系の爽やかさ香る白ビール!

キリンビールが”とことんこだわった日本のビール”を合言葉に醸造するグランドキリンシリーズ。 ビールなんてどれも同じやん、と思っている人にこそ飲んで頂きたい名シリーズだと思う。 これが基本的には定番商品で買えるのは非常にうれしい。 そんなシリーズ…

辛い社会人生活がちょっと楽になる髪型 ”ボウズスタイル”

床屋で髪を切って貰うようにしてからしばらく経つ。 節約的な意味合いで主にQBハウスを愛用している。 QB ハウスの何が魅力って挙げればキリが無いが大きく分けて値段、スピード、会話不要の3つが挙げられると思う。 挙げられると思うのだが……。

【THE軽井沢ビール Weiss / 軽井沢ブルワリー㈱】白ビールで表現した最高の軽井沢とは!?

地ビールの醸造メーカーのWebサイトを見てみると、どこもビール作りに熱い魂 (スピリット) を持っている事がビシビシ伝わってくる。 世界的にも有名な避暑地である軽井沢だが、対照的にビール作りに熱いスピリットを燃やすメーカーが存在する。

炭酸水って攻守に優れた最強の嗜好飲料じゃね?

この記事を一言で表すなら「炭酸水、超サイコー」という事に要約される。 あくまで個人の感想と言うか「俺はこう思う!」的な炭酸水への思いです。

【岐阜県多治見市/赤ワイン】修道院産の赤ワイン!? これが本当の神の雫!

タクアンとナス以外は食べる事が大好きな箱根ヶ崎P.N.3 (@pn3pn3)です。 お酒の種類は色々ありますが、赤ワインがめっちゃ好き! という方をあまり知りません。 何種類か好きなお酒があって、その中に赤ワインがランクインする事があってもトップをとる事っ…

苦いはずなのに苦くない? - ベアードブルーイング / スルガベイ インペリアル IPA -

ビールに限らず、食べ物の味って単純に飲んだ時や食べた時の感想で語られる事が多い。 ただ、味に通じる数値が設定されていて、飲み口や好みの銘柄を探す時の参考になる。 ビールの苦さを表す数値として”IBU”という単位がある。 ”国際苦味単位”の略なので、…

静岡の誇る、フルーティーな飲み口のクラフトビール -ベアードブルーイング / 修善寺ヘリテッジへレス-

静岡県の修善寺にて熱い情熱と共に、クラフトビールを作り続ける”ベアードブルーイング”の定番ラインナップとして様々な種類のビールが発売されている。 その中でも醸造所を構える修善寺の名を冠した”修善寺ヘリテッジへレス”を飲んだ。 2017年6月現在、ベア…

ガツンとした味わいが堪らない! 伊豆・修善寺の個性的なクラフトビール! -伊豆市修善寺 わびさびジャパン ペールエール-

静岡のクラフトビール、BairdBeerを飲んだ感想の記事です。とにかくガツンとした呑み応えのある1杯です。

岐阜県の味はビールとハムで楽しめ! -地ビール飛騨 飛騨ホワイトビール / 明宝ハム ハムトン-

飛騨地方の地ビールと幻のハムこと明宝ハムを食べた記事です。どちらも岐阜県飛騨地方が産地です。美味しいですよ?

クラフトビールの特徴を残しつつ、誰でも飲みやすい最高のビールが新発売! -キリンビール グランドキリン IPA-

キリンビールから3月28日に発売された「グランドキリン IPA」のを飲んだ感想記事です。クラフトビールの旨味が存分に楽しめるビールです!

加賀・百万石の旨味をビールで飲み干せ! -わくわく手作りファーム川北 金沢 百万石BEER コシヒカリエール-

加賀100万石。 加賀藩藩主、前田利家の時代に石高102万5千石を表した言葉である。 ”サバを読む”と言う言葉に代表される様に、キリの良い数字を言う際に端を切り上げるのは良くある事だ。 ただ、加賀は最大の石高が102万5千石と、100万を超えているにも関わら…

飛騨高山は日本酒だけじゃない! 天然水使用の極上ビール! -飛騨高山麦酒 ペールエール-

飛騨高山の酒、と言うか岐阜県の酒と言って真っ先に連想されるのが”天領”だと思う。 幕府の直轄地であった事を示す”天領”をその名に関する日本酒であり、その名に恥じない銘酒と言えよう。 しかし、天領だけが日本酒じゃないし、日本酒だけが岐阜県の酒でも…