考えはいつだってNo think!

考えはいつもNo think! は丸の内界隈の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです

みずどりの下駄と矛盾

すっかり秋、というより初冬の方がしっくり来る季節。

今更だけど、夏にお世話になった下駄を修理する話。

SEALとコラボしたみずどりの下駄

 買ったのは4年位前。

丁度SEALのお店が出来た年に店頭に並んでいたのが凄く良くて買った。

 

メッセンジャーバッグ|バッグブランド【SEAL(シール) brand】

げたのみずとりホームページ - geta.co.jp

 

今までサンダルは履いた事はあったけど下駄を履いた事は無かった。

SEALが下駄の老舗「みずどり」とコラボしたモデルで鼻緒の所がおなじみのタイヤチューブになっている。

それも良いけど一番目につくのは直線を多用した男らしいシルエット。

下駄と聞くと山伏が履いているのを想像しがちだが、一味違った。

 

買ったのが少し前なのでSEALで取扱いは無かったけどみずどりの方で同じ形のがあった。

geta-shop.jp

先端の所にエッヂが効いているのが凄くカッコイイ。

 

下駄は履き始めは足が慣れないと親指と人差し指の間がすれて血が出る事がある。

僕もちょっと出血した。 が、それを押しても愛用している。

男は時には見た目も見栄も大事なのである。

と、言いつつ僕の好きな言葉は真逆だったするから難しい。

我々は、幸福になるためによりも、幸福だと人に思わせるために四苦八苦しているのである

byラ・ロシュフーコー

 

下駄の修理

下駄も靴なので底がすり減ってくる。

当然そうなるとベースの部分が削れてかっこ悪くなる。

通常であればそのまま捨てるかもしれないがこれに関しては違った。

凄くカッコイイので来年も履きたいのだ。 と、なれば修理して貰おう。

 

以外と買ったお店に相談するとなんとかしてくれる場合が多い。

SEALの店舗に持って行ったら快く修理に回してもらえた。

買った日が特売日でさらに誕生日月だったので割引のさらに割引で買ったのでとても申し訳ない気持ちになる。

 

それを繰り返して今年で4回目になる。

完全に修理代が買った時の金額を越えている。

だけど来年もその次も僕は下駄を履いてそれを修理に出すと思う。

yamasan0521.hatenablog.com

ちょうどやまさんが靴を大事する記事を書かれていた。

僕の下駄は手入れと言うよりは完全に修理の領域だけど愛用している物を綺麗な状態で使いたいのは同じ気持ちだと思う。

前に冬のボトムスの記事を書いたけど、冬のスタメンがブーツ、スニーカーだとすると夏のスタメンは下駄、スニーカーだと思う。

 

p-n-3.hatenablog.com

 

スニーカーはGUで買った物を履き続けているので多分そろそろ寿命が来るかもしれない。

その時はそれをきかっけに靴のテイストを変えるかもしれないし、同じものを買うかもしれない。

yamasan0521.hatenablog.com

モノは使ってみないと自分に合う・合わないが分かりません。もちろんマッチすることもあれば、ミスマッチもある。私自身、お財布を小さくしよう!と思い選んだものはダイソーさんの小さいお財布で、まずは「小さい財布を持つ体験」をするために買い物をしました。

 

お財布に関しては、まだまだ使えますが消耗は早いでしょう。ダメになった時は同じモノがあれば買いたいですが、無ければ知り合いに今の財布を参考に「これと同じデザインで作って!」と、お願いしてもいいのかな?と、思ってます。 

 

 スニーカーはあまり履かなかったけど、GUで見つけて履いてみたら結構、気持ちよかった。

今履いているスニーカーがダメになったらやまさんのお財布みたいにスニーカーもオーダーしても良いかもしれない。

 

下駄と同じで底を張り替えつつ長く使っていけるなら少し高くても悪くない。

「このスニーカー? オーダーだよ」 とか一度位は言ってみても良いだろう。

靴をオーダーで作るってすごくカッコイイと思う。

 

やっぱり男は時に見た目も見栄も大事なのである。

好きな言葉とやりたい事が逆だけど人生とは矛盾に満ちているのである。

 ・我々は矛盾だけで生きている。そして矛盾ゆえに人生は悲劇であり、
勝利勝利の望みもない永久の闘争である。人生は矛盾なのである。
byウナムーノ