考えはいつだってNo think!

考えはいつもNo think! は丸の内界隈の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです

男性ミニマリストの秋・冬服の着回し(トップス)

f:id:p-n-3-p-n-3:20161123140033j:plain

少し前に秋・冬服(ボトムス)の話を書いたので今度はトップスの話。
多分、ボトムスよりも好みが別れやすい話だと思うので「あー、趣味が違うな」って方は単純に着回しの参考にでも。

 

 ※11/17 記事の表示や見出しを修正しました。

 ※2016/09/09 最後に2016年版記事へのリンクを追加しました。

 

p-n-3.hatenablog.com

 

ミニマリストを目指して最初の秋・冬。
今まで2軍、3軍だった服を譲ったり、処分したりして僕のクローゼットは幾分すっきりした。
仕事で使う分まで処分する事は難しいけどそれでも上着を減らせた事は大きい。
今年の秋、と言うかもう冬はこの布陣で戦いたい。

秋冬のメンズワードローブ-トップス-


ジャケット×2(仕事兼用)

f:id:p-n-3-p-n-3:20151115092541j:plain


マウンテンパーカーx1
Pコート×1

f:id:p-n-3-p-n-3:20151115092533j:plain


セーターx2
シャツx2

f:id:p-n-3-p-n-3:20151115092532j:plain


下着類は除いて8着。

組み合わせの相性もあるけど11月~2月位までは大丈夫だろう。

特に秋はアウター類は着ずに、セーター+シャツ、マウンテンパーカー+シャツとかシャツ中心の着こなしで休みの日は過ごせそうだ。

多少肌寒い日でも下着にヒートテックとか暖かくなる物を着れば行ける、と思う。

やまさんの紹介の仕方が凄く綺麗だったけど壁に掛ける所が無かったので断念……。

 

yamasan0521.hatenablog.com



女性のやまさんは白系統が多い。
僕は黒系統が多いけどそのあたりは好みや趣向もあると思う。
ただ、トップスとボトムスの合わせ方や柄物の着こなしとか男性でもすごく参考になる。

組み合わせてみる


仕事兼用なのと僕の趣味でカッチリ目の服が多い。
着こなしにの中心になるのはやっぱりミニマリスト必携のシャツ。
学生の時はシャツとか「おっさん臭え!」、とか思ってたけど今は必須アイテムになっています、ゴメンナサイ……。
ジャケット+シャツだと完全に仕事着になってしまうのでパスしてそれ以外で考えたい。


1.マウンテンパーカー+シャツ

僕が持っているマウンテンパーカーは青色なので中に着るシャツは柄物じゃなくて無地にしている。

あと、色がボルドーなので青色+赤系って……。

マウンテンパーカーはシャツの露出する面積が大きいから「柄が煩くならない」様にしたい。

本格的に寒くなれば前を完全に閉めてしまえばかなり温かい。

あと登山と兼用できるし、ジーパンとの相性もいい。

都内なら下着で調節すれば真冬でも行ける。

色味が違ってもマウンテンパーカーとシャツは相性が良いので、趣味で登山をやっているミニマリストの方は普段使いも視野にいれてマウンテンパーカーを選んでみては。

あと、ネクタイをしても良いと思う。

少し前にユニクロで売っていた少し太めのネクタイとか。

f:id:p-n-3-p-n-3:20151115092535j:plain

 

2.セーター+シャツ

今度は柄物のシャツ。

始めて買った柄シャツだったけど持っていたセーターによく合うので使っている。

柄を前面に押し出すのはかなり上級者向けだと思うのでチラっと見せるくらいにした方がいい、絶対に。

さっきは少しカジュアルなので少しだけフォーマル寄りに。

パンツは同じジーパンなのでトップスを変えると印象がかなり変わる。

あと色味が暗色だから落ち着いた印象になる。

f:id:p-n-3-p-n-3:20151115105819j:plain

 

3.白シャツ+セーター+ジャケット

白シャツ+セーターだとかなりフォーマルなので迷彩パンツで少し遊びを入れてみる。

あとはバックをトートバックからリュックサックに。

前の服の記事で書いたけど迷彩パンツは暗めの色味を選んだ方がいいと思う。

色が明るいと雑多な印象になるのでダークトーンの方がまとめやすい。

f:id:p-n-3-p-n-3:20151115105815j:plain

 

改めて秋・冬服の組み合わせ

ボトムスのみだけど、パンツ2種×シューズ2種で4パターンの組み合わせが出来る。

土曜日と日曜日で迷彩→ジーパンに変えたり、同じジーパンでもスニーカーとブーツで全然違った感じになる。

これに上着が2種類くらいあれば2×2×2=8パターン。

8パターンあれば1週間毎日違うテイストの服が着れる。

そうなれば9月のシルバーウィークも10月の連休も年末~年始の連休もきっと乗り切れる……はず。

とか前回は書いていたけど、上着が8着だから8x2x2=32パターンが単純に可能になった。

合わせ方を別にすれば1か月毎日別の格好が出来る。

更に帽子が2種類位あれば帽子の有り無しも含めて3倍のパターンが出来る。

流石に100位パターンがあれば1シーズン乗り切れるだろう。

 

一番大事なモノ

今年冬を迎えるにあたってミニマリストにとって重要なアイテムが解かった。

どうしもミニマストの服は酷使されてしまう。

酷使された服は傷んでしまうけどそのまま着ているとどうしもみすぼらしくなってしまう。

定期的なメンテナンスが必須だ。

 

同じモノをかなりのヘビーローテで使っていますので、汚れや消耗が早くなります。物は使えば使うほど消耗するのは当たり前。それでも手入れすることで、少しでも良い状態で使えれば嬉しい。

yamasan0521.hatenablog.com

 

愛用している物には手を入れる事は大切だけど中々できていなかった。

だけど少ない服で生活すると今まで気にならなかった物が気になってくる。

 

憎っくき、毛玉である。

 

特によく着るセーターが凄い。

去年までは気にならなかったけど今年はとても気になった。

そこで冬服を買うよりも先に買ったものが毛玉カッター。

どうしても気になったのでダイソーで買っだけどかなりイイ感じだ。

毛玉がどんどんとれて見違える仕上がりに!

以外にも冬のミニマリスト必携のファッションアイテムはセーターでもシャツでもなくて毛玉カッターなのである。

壊れやすいってイメージがあるけどダイソーの毛玉カッター、結構活躍してますよ? 

テスコム 毛玉クリーナー KD333-A ブルー

テスコム 毛玉クリーナー KD333-A ブルー

 

それでは、また。

 

2016年版秋冬の記事、あります 

p-n-3.hatenablog.com