考えはいつだってNo think!

考えはいつもNo think! は丸の内界隈の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです

男性ミニマリストの2016~2017年冬服のコーディネート

f:id:p-n-3-p-n-3:20161201191521j:plain

服をオシャレに着こなす上で大切なのはドレス感とカジュアル感のバランスが大切だと思う。

ドレス感を突き詰めると礼服やスーツの様に、反対にカジュアル感を突き詰めるとジーパンにTシャツの様なスタイルになると思う。
勿論どちらもカッコいいと思うが”普段着”として着る上では、スーツでは堅苦しいし、Tシャツ&ジーパンではラフ過ぎる。
やはり何事もバランスが大切なのだと思う。
 
この辺りはメンズファッションバイヤーのMBさんが著書に詳しく書いている。
昔、コンビニ本に「激安ファッションで一週間を乗り切る!」みたいな記事で数百円の甚平を夏のファッションに持ってきていたのがMBさんの初見になるが「なんて胡散臭い人だ……」と言うのが正直な所であった。
(もう遠い昔の話である)
 
冬は必然的に重ね着をする事が多くなり、MBさんが言う所のドレスとカジュアルのバランスが取りやすくなる季節でもある。
夏は薄着になるので、服1枚でも大きくバランスを左右されるが、冬は何着か着る為、同じ1着でも大きくバランスを崩す事が無い。
 
薄い服を何枚か重ね着してレイヤーを楽しむも良し、アウターを厚手にし、インナーを薄くしても良し。

秋~冬にかけては色々な組み合わせが出来る季節なので自分なりの着こなしを楽しみたい。

 【2017.02.24 記事の訂正を修正】

--目次--

2016~2017年冬服の主役を決める

秋はサイズ感とカラーに重心を置いて服の組み合わせを考えた。

冬はその2つにトレンドのアイテムと個人的に推したいアイテムを加えてみる。

いわゆる「服装の主役」を決めたいのだ。

主役を決めると、あとは引き立たせる役を配置していくだけなので服装選びで悩む事も無いし、ぐっとお洒落に見える、と勝手に思っている。

◆【関連記事】

男性ミニマリストの2016年秋服のコーディネート - No think!

 

個人的に推したいアイテムはともかく、トレンドのアイテムはあまり飽きの来ない物を取り入れる様にしたい。

本当に個人的な意見だが、ジョガーパンツは廃れると、当分の間着る機会が無いな気がする。

ファッションサイクルの早い婦人物は別にして、男性用である程度アイテムを厳選している人は手を出さない方が良い気がする。

(あくまで個人の感想です)

 

男性「ミニマリスト」と銘打っているからには極力先を見据えた陣容で冬に戦いを挑みたい物である。

冬の主役にするなら、やはりトップスを持ってきたい。

目に触れる面積が大きいので全体のイメージを決めやすいのが大きな理由だ。

帽子などを主役に持ってくる事も出来ると思うが、オシャレ上級者向けだと思うのでここは無難に攻めたい。

 

個人的にアウターを決める時のポイントは2つ。

「両用」出来るかどうか? である。

オンとオフ、趣味の時と普段の生活。

この両用が効くかどうかは服を減らす上でも有効だったりする。

 

去年まで来ていたピーコートが流石にくたびれて来たので、今年用にチェスターコートを購入。

更に登山用に去年の冬シーズンギリギリで購入したマウンテンパーカー。

 これら2着が冬の間のスタメンとなる。

 

チェスターコートはオンとオフ。

マウンテンパーカーは登山とオフ。

それぞれがお互いをカバー出来るような着こなしを考えたい。

手持ちの服を出してみる(冬服) 

帽子

f:id:p-n-3-p-n-3:20161201162939j:plain

 

3つ持っている内の2つが常時スタメン入りしている。

右側のニット帽がほぼ通年。

左側のハットが、秋~春先までの予定だ。

 

夏には麦わら帽子に換装される。

この辺りは去年と変わらず。

 

アウター(マウンテンパーカー)

f:id:p-n-3-p-n-3:20161201162941j:plain

 

今冬がほぼ初投入となるマウンテンパーカー。

去年までは別ブランドでブルーのマウンテンパーカーを着ていたけど、今年からはノースフェイスにチェンジ。

餅は餅屋で、防風性能はハンパ無い。

 

ただ、今までここまで「黄色っ!」って色の服を着た事が無いので大冒険である。

これをどう調理するかが今冬最大の課題だろう。

 

アウター(チェスターコート)

f:id:p-n-3-p-n-3:20161201162942j:plain

 

去年あたりから徐々に人気が出ていたチェスターコート。

さらりと着ればドレッシーな印象になるし、中をカジュアルダウンしてもオシャレに見える万能アイテム。

綺麗めに見えるアイテムはどちらに転んでも使いやすいので安定感があると思う。

 

ジャケット

f:id:p-n-3-p-n-3:20160905133705j:plain

 

何が無くとも男はこれを1着着ているだけでサマになる魔法の服。

正攻法でカチッと着てもいいし、少し崩してカジュアル寄りに着てもいい。

本当にこれが1着あるだけで着こなしの幅がめちゃくちゃ広がる。

トップス①

f:id:p-n-3-p-n-3:20161201162940j:plain

 

アウターに変化を着けるサポーター的存在。

今年はこの3着で着回すぜ! と思っていたら左端のセーターが遂に破れたので黒のタートルネックのセーターを急きょ購入。

 

左端のセーターはユニクロで買った物だったが4,5年は着た。

そう言う意味では天寿を全うしたとも言える。

大往生である。

 

トップス②

f:id:p-n-3-p-n-3:20161201162938j:plain

 

アウター&厚手のトップスを支える縁の下の力持ち的存在。

重ね着して温かくしたり、差し色で使ったり使い方は無限大である。

 

白のパーカーやシャツは秋から引き続き続投だ。

秋服は薄い冬服、春服は厚めの夏服。

そんな意識で良いと思う。

 

この他にインナーとしてヒートテック数着、薄手のタートルネックを1着持っている。

 

ボトムス&シューズ

f:id:p-n-3-p-n-3:20161201162936j:plain

 

ボトムスは通年のジーパンと、新しく白のチノパンを購入。

冬にあえて白色も面白いと思ったけど、これも大冒険である。

 

シューズはこれも秋からまるっと続投のスニーカーとブーツ。

いつもはお互いに組み合わせられるが白チノパン×白スニーカーの組み合わせはかなり難しいと思うので着こなしが少し減ってしまう。

 

小物類

f:id:p-n-3-p-n-3:20161201162937j:plain

 

マフラー、ベルトはそれぞれ1つ。

バックはリュックっとトートバックの2種類。

トラックのタイヤをリサイクルして作った製品なので、あまり都内では機会が無いが降雪がある時はバックが濡れるのを気にしなくて良いのが大きな強みである。

◆【関連記事】

梅雨の通勤・通学はトラックのタイヤをリサイクルした鞄が最強! 超防水だとかそんなチャチなもんじゃあ断じてねえ - No think!

 

広告

パーカー+ジャケット+ジーパン

f:id:p-n-3-p-n-3:20161201163232j:plain

 

ジャケットを少し崩して、カジュアル側に寄せた着こなし。

ジャケット単体だと仕事着っぽくなるのでパーカーやブーツでカジュアルダウンしている。

 

シューズはブーツを持ってきて男っぽくしているけど、白のスニーカーだと白パーカーと統一感が出てそれはそれで良いと思う。

インナーにヒートテックを着ているとは言え、耐寒性能は低いので初冬、もしく街中限定である。

たぶん岐阜県とか行くと死ぬと思う。

◆【関連記事】 

岐阜のひなびた観光地感はすごかった。岐阜駅周辺のB~Z級スポット - No think!

 

f:id:p-n-3-p-n-3:20161201163231j:plain

 

同じような組み合わせで上をグレーのジャケットに、中をネイビーのタートルネックにしても良いと思う。

次いで下を白のチノパンに変更。

やっぱり寒さには滅法弱いので都会限定だと思う。 

 

セーター+シャツ+ジーパン

f:id:p-n-3-p-n-3:20161201163230j:plain

 

セーターからシャツの襟と裾を出している。

何気にこの着こなしで主役はシャツだと思ている。

暗めの色の中でワインレッドのシャツが目立つと思うので、シャツ以外は暗めの組み合わせになっている。 

靴は白のスニーカーにしているが、ブーツでも良いと思う。

 

マウンテンパーカー+タートルネックセーター+ジーパン

f:id:p-n-3-p-n-3:20161201163229j:plain

 

マウンテンパーカーを投入した着こなし。

マウンテンパーカーがかなり主張が強いので他をシンプルなアイテムにしている。

中に柄のあるシャツとか着ると酷い事になると思うので個性が強いアイテムは1点だけにして、それを主役に服装を組み立てていきたい。

 

チェスターコート+タートルネックセーター+ジーパン

f:id:p-n-3-p-n-3:20161201163228j:plain

 

さっきとは逆にチェスターコートを投入。

流石チェスターコートと言うか、他はほとんど同じアイテムなのに大分雰囲気が変わったと思う。

 

チェスターコートは縦のラインを意識するアイテムだと思うので、タートルネックと相性が良い。

どんなブランドでも、チェスターコートを買った時は一緒にタートルネックのセーターを買った方が良い。

 

マウンテンパーカー+タートルネック+チノパン

f:id:p-n-3-p-n-3:20161201163233j:plain

 

白色って使いずらい色の様な気がするが、実際は黒色と一緒でモノトーン扱いなので合わせやすい色だ。

主張の強い色の服と合わせると、不思議と合わせやすい。

 

f:id:p-n-3-p-n-3:20161206113301j:plain

 

脱いでも中が黒のタートルネックなのでモノトーンの着こなしで通用すると思われる。

 

男性ミニマリストの2016~2017年冬服のコーディネート

ボトムスのみだけど、パンツ2種×シューズ2種で4パターンの組み合わせが出来る。

土曜日と日曜日で迷彩→ジーパンに変えたり、同じジーパンでもスニーカーとブーツで全然違った感じになる。

これに上着が2種類くらいあれば2×2×2=8パターン。

8パターンあれば1週間毎日違うテイストの服が着れる。

そうなれば9月のシルバーウィークも10月の連休も年末~年始の連休もきっと乗り切れる……はず。

 

秋服の記事でも書いたけど、ボトムスとシューズが2種類あるだけで4種類の組み合わせが可能だ。

シューズでもつい同じようなスニーカーで固めてしまいたくなるけど、”あえて違うテイストのシューズ”をもう1足持っておくだけで着こなしに幅が出てくると思う。

 

*ドレスとカジュアルのバランス

→ワードローブをカジュアル寄りから綺麗めにシフトするとオシャレに見えやすいというMBさんのオシャレ哲学の骨子。

*トップスは印象を変える、ボトムスは印象を整える

印象のベースはボトムスにかかっている。ドレスシャツを着ても、ダルダルでルーズなパンツではサマにならない…ボトムスは大事、スキニーはオススメ等。

ファッションバイヤーMBさんのトークショーで「服で人生が変わる」を目の当たりにした話。 - LEAN STYLE〜リーンスタイル〜

 

以前、MBさんのトークショーで語られた事ですが「印象を整える」って言い方が上手いと思う。

”より強く意識づける”とでも言い替えられるかもしれない。

2足とは言え、シューズも2種類持つ事で「整えらる着こなしの幅」を増やす事ができる。

 

トップスも主役にしたい物を2種類、違う物を用意する事でさらに違う印象を持たせる事が出来る。

あとは細かいトップスで違いを出せば1シーズン、十分に好きな格好をする事が出来ると思う。

 

そしてやっぱり冬のマストファッションアイテムは定番のこれである。

 

テスコム 毛玉クリーナー KD333-A ブルー

テスコム 毛玉クリーナー KD333-A ブルー

 

 

どんな服を着ていても手入れがされていなければオシャレにはならない。と言うかいい歳した大人としてどうよ? って話にもなってくるので十分に留意したい。

ちなみにAmazonから通販しなくてもダイソーの毛玉カッターは高性能なのでしっかり仕事をしてくれる。

少なくとも2年は壊れずに役目を果たしてくれる。

それほど高価なものでも無いので、是非押さえておきたい。

 

あくまで男性用のファッションだが、女性用ではマギーさん(id:authenticlife)が骨格診断に基づいた冬のトレンドファッションを紹介されていたのでそちらを参照するのが良いかもしれない。

◆【参照記事】

【骨格タイプ別】あなたに似合う今年の冬トレンド&アウター選びのポイント! - LEAN STYLE〜リーンスタイル〜

 

それでは、また。

---

 服を着るならこんなふうに(2)

 実戦的な着こなし方マンガ第二弾。

マンガ中の季節も冬なので一際参考になる。

この手のマンガは時間が経過すると「あー、昔こんな格好流行ったよね」となるので今のうちに一度は読んでおきたい。

主人公が盛大に服で失敗する所も含めて色々と学ぶ箇所は多い一冊。

---

他にも好きな物の記事、あります 

p-n-3.hatenablog.com 

p-n-3.hatenablog.com