考えはいつだってNo think!

考えはいつもNo think! は丸の内界隈の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです

モンスターズユニバーシティって努力してもダメな物はダメって話じゃない?

f:id:p-n-3-p-n-3:20161017153634j:plain

個人的に「ピクサー映画にハズレ無し」だと思う。

ピクサーの何が良いって「ベイマックス」とか「Mr.インクレディブル」とか見始めるまでそんなに興味は無かったけど見てみると必ず面白いと思う話の展開が凄い。

「ユニバーシティ」はまだ見ていなかったけど良い意味で期待を裏切られた。

モンスターズユニバーシティって? 

 モンスターズインクの続編だけど同映画の前日譚にあたる。

前日と言ってもマイク(緑の一つ目)とサリー(青い毛むくじゃら)の大学時代の話なのですごく前だけど。

マイク・ワゾウスキ(マイク)は、小学生の頃は、小さい身体つきを理由に、同級生から鬱陶しく思われていた。そんなある日、学校の授業でモンスターズ・インクの見学にきた時に、“怖がらせ屋”フランク・マッケイの勇姿を目の当たりにし、自分も怖がらせ屋になることを決意する。 月日は流れ、マイクはフランクの出身校・モンスターズ・ユニバーシティ(MU)に入学することに。

マイクが所属する、怖がらせ屋を育成する「怖がらせ学部」には著名な怖がらせ屋を代々輩出するサリバン家のエリート、ジェームズ・P・サリバン(サリー)やランドール・ボッグス(ランディ)も入学していた。 しかしサリーは自らの才能にかまけており、なにかにつけて努力家のマイクを馬鹿にする。

そして、怖がらせ学部の期末試験の日。試験に臨もうとするマイクとサリーだったが、二人は小競り合いの末ハードスクラブル学長の記念悲鳴ボンベを壊してしまい、ついには学長に「二人とも怖がらせ屋には向いていない」と言い放たれてしまう。 学部を追放され、苛立つサリーと意気消沈するマイク。そんな時、部屋に戻ったマイクの目に飛び込んできたのは、MUの伝統行事「怖がらせ大会」のチラシ。彼は怖がらせ学部に復帰するために大会への出場を決意する。出場資格は6人の団体であること─そんな中マイクとサリーを唯一受け入れてくれたのは、MUの落ちこぼれ達が集うサークル「ウーズマ・カッパ」。へんてこながらも愛すべき仲間たちと大会での優勝を目指すことになる。衝突しながらも友情を深めていくマイクとサリー。 果たして、彼らは怖がらせ屋として再び認めてもらえるのか?

モンスターズ・ユニバーシティ - Wikipedia

 

マイクの努力

モンスターズインクの前日譚にあたる以上、最終的にハッピーエンドになる。

本作はマイクとサリーの2人が主人公なるけど、ユニバーシティに限って言えば間違いなく主人公はマイクだ。

 

子供の頃に憧れた職業に就く為に努力して大学に入り、大学の中でも努力をする。

マイクの頑張りには見ていて熱くなる。

見る前はピクサー映画って子供向けだと思っていたけど、蓋を開けてみるといい歳の大人の視聴にも耐えられる重厚な作りになっているから侮れない。

 

細部や表現が、ではなく話の大筋が、である。

モンスターズユニバーシティに限って言えば「マイクとサリーの友情の物語」では無く「マイクが自分の立ち位置を探す物語」だと思う。

好きな仕事が出来てそれに就くために努力する、これって普通に俳優を使って映画にしても十分通用する。

 

「怖がらせ屋」になる為マイクは勉強をし、技術を身に着けて考えうる限り万全の体制で「ある試練」を迎える。

ネタバレにはなるが、万全の体制を整えて子供を怖がらせようとするがまったく怖がらせる事が出来なかった。

画像でもわかる様にマイクは全然怖くない。

人によっては「嫌悪感」があるかもしれないけどやっぱり怖くない。 

 

ショックを受けたマイクは1人で子供を脅かそうとするが逆にピンチを迎えてしまう。

その時に今までは仲が悪かったサリーがマイクを助けようと身の危険を顧みずに行動する。

今までしてきた事が現実に否定され落ち込むマイクに自分も本当は弱いんだとサリーが心情を吐露し、お互いに弱い部分を見せ合う事で2人は解かりあう。

 

その後、2人はピンチに陥るが「怖くは無いが知識と技術があるマイク」が「体が大きく大きな声は出せるサリー」をサポートし、恐怖を演出する。

それが功を奏し、2人は無事にピンチを乗り切り、モンスターズインクへと話は繋がっていく。

 

話の最後でサリーはマイクに言う。

「お前は怖くない、まったく怖くない。だけど怖い物知らずだ」

 

努力、と言う麻薬

マイクが遊びまくる周囲とは対照的のストイックに勉強をし、怖がらせる練習する姿はまさしく「努力」と言う言葉が合う。

非常に泥臭く、地味な展開だけど実生活的な展開だ。

 

元々の家柄に恵まれている人、才能に恵まれている人。

子供から大人になるに従って自分の世界が広がり色々な人を見られる様になる。

それに従って自分もステップアップして行く訳だが、それを助けるのが「努力」だ。

 

マイクが努力をして大学に入ってサリーと出会えた事は努力をした結果だ。

だが、「怖がらせ屋」には努力だけではなれなかった。

なぜならマイクには「怖くない」と言う職業としては致命的な欠点があるからだ。

 

マイクには努力をしてここまで積み上げてきた自信があった。

だが、現実としてその努力と、積み上げた物が通用しない世界に直面したのだ。

 

サリーと解かりあう事でマイクは自分が積み上げてた物を「自分に使う」のでは無く「他人に使う」事に気づいたのだ。

この「気付き」がマイクにとって分水嶺となった。

 

「努力」は確かに大切だし、誰もが必要な事だ。

だけど、努力「だけ」ではいつか限界が来る。

その時に見方を変えて「やりたい事に対して自分は何が出来るのか?」 「自分は本当は何が出来るのか?」を考える事が大切なんだと思う。

 

努力する事は尊い

よく言われる事だけど努力する事が目的になると本末転倒だと思う。

実際にはドラマや小説の様に「努力する事が目的」が顕著に出る事はあまり無いし気付き難い所だと思う。

 

そんな時に少し見方を変えて、「自分の立ち位置」を見直すと自分が本当にやりたい事に対して違ったアプローチが出来る。

モンスターズユニバーシティを見ると「努力は大切だけどその方向をちょっと変える事も大切」だと感じる事が出来た。

 

 

それでは、また。

---

 モンスターズ・インク

 夜の間に怖いモンスターがやってくる。

子供の頃、誰もが想像した話は実は本当でそれを生業とするモンスター達が居た。

奇想天外なモンスター達の世界を舞台にマイクとサリーの2人が文字通り、縦横無尽の活躍をする冒険物語。

大人が見ても十分楽しめる作品。

---

他にも映画の記事、あります 

p-n-3.hatenablog.com 

p-n-3.hatenablog.com