考えはいつだってNo think!

考えはいつもNo think! は丸の内界隈の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです

観光地のど真ん中の隠れ家カフェ! 静かな店内にずーっと居たい! -静岡県熱海市 CAFE KICHI -

f:id:p-n-3-p-n-3:20170519102716j:plain

 

静岡県熱海市

本当に日本有数の観光地である。

 

岐阜県には下呂や飛騨高山が、東京には浅草や原宿があるが"観光地"と言うとやっぱり熱海を思い浮かべる人が多いのではなかろうか。

古くから湯治の場所として栄え、鉄道の開通に伴い首都圏からの良好なアクセスに恵まれ家族旅行・社員旅行のメッカとなった場所だ。

 

熱海駅前には土産物屋が軒を連ね、海の方にはリゾートホテルや旅館が密集している。

同じ伊豆半島でも、少し離れた修善寺の静かな感じとは対照的で、とてもエネルギッシュだ。

好き嫌いは分かれると思うが、個人的にはガヤガヤした観光地の感じも好きである。

 

そんな”観光地のエネルギー”に溢れた熱海駅から徒歩数分の所、忘れられた様な場所にあるカフェがあるので行ってきたが、すごく良かった。

 

熱海駅の路地裏

海に面した熱海では、当然ながら海産物が旨い。

刺身・干物は言うに及ばず、変わった所では”アジのから揚げ”なんかがあって面白い。

 

骨までカリッカリに揚げたアジは、細かい骨も気にする事無く、頭からバリバリとイける。

さらに、味は”しお”や”しょうゆ”などのオーソドックスな物ばかりじゃなくて”ペペロンチーノ”などの変り種もある。

見た目はボリューミーだが、軽い食感でパクパク食べられる。

5枚入りで900円だが、気を抜くと一息で食べちゃうので十分注意したい。

f:id:p-n-3-p-n-3:20170519103117j:plain

(旨い、確かに旨い。が、これだけでお腹を一杯にするには熱海には旨いものが多すぎる…っ!) 

 

アジを食べたら、もう一つ。

庶民の食卓の味方、サバも押さえておきたい。

 

同じ駅ビル、と言うかアジのから揚げから、10m程度離れた所にある”あをきひもの本店”の店舗で売られているサバサンドが危険だ。

地元のパン屋さんのバゲットで、天日干しした真サバをサンドした見た目はシンプルなサンドである。

 

が、シンプルな見た目に反して、サンドされているサバの干物が超ジューシー。

「干物って魚のお肉だもんね、ってかもう肉だよ、肉!!」

って感じでパクパク食べられる。

夕食などの”後が控えている”場合でも安心のハーフサイズも売られているので、おなかに余裕が無くても食べられる。

写真だと、味も素っ気も無いが本当に旨い。

f:id:p-n-3-p-n-3:20170519103131j:plain

(ジューシーなサバとバゲットの組み合わせが最高!) 

 

駅ビルに居るとそれだけで満足してしまいそうなので、外へ出る。

目的のカフェは駅の近くにあって、観光地なのに”いい感じ”に静からしい。

ぶっちゃけ、これだけ観光地でしかも駅から徒歩数分とか、めちゃくちゃ中心地なのにそんな静かな店あるわけねーよ、とやや諦めつつカフェを目指す。

 

半分諦めながら駅の大通りを歩き、一本細い路地に入ると一気に静かになった。

土産物屋が出せないような細い路地には、道をショートカットする観光客くらいしか通らないので思いのほか静かだ。

しかも、ちょっと廃れた感じまでしている。

そしてそんな場所に目的のカフェを見つけた。 

f:id:p-n-3-p-n-3:20170519102825j:plain

(ちょっと解りづらいが、写真の左側中央付近の建物)

 

広告

 

CAFE KICHI

片方からみると、なんかスナックみたいな見た目だけど、反対側から見ると一気にバーみらいな雰囲気が出てくる。

店舗右側の木のドアが重厚感を出しており、カッコいい!

f:id:p-n-3-p-n-3:20170519102823j:plain

 

店舗の前にはメニューが出されており、しらすのトーストや季節のジャムトーストなど魅力的なラインナップが並んでいる。

更に但し書きで”ランチメニューなどはありません”と書かれている。

昼食時だったので普通であれば、ランチメニューがなければやや心もとないのが正直な所だ。

ただ、今日は事前に十分食べて来たのでお腹はもはや”デザートムード”である。 

f:id:p-n-3-p-n-3:20170519102706j:plain

(サバサンドにアジのから揚げ3匹食べれば大抵の人はお腹が膨れる)

 

店内に入って一番驚くのが、めちゃくちゃ静かな事だ。

外の音が一切入ってこない。

たまにお客さんが入ってくる時にドアが開くと雑踏の音が聞こえるけど、再びドアが閉まるとまた静かになる。

 

スタッフも、お客さんに説明する時は店の外に出てからしており、店内の静けさを保つような配慮を感じる。

浅草のitonowaでも思ったけど、そういう押し付けがましくない配慮が居心地の良い空間を作って「また来たいな」と思える店が出来るのだと思う。 

f:id:p-n-3-p-n-3:20170519102651j:plain

(店内の居心地、最高!)

 

重ね重ね、お腹は十分満ち満ちているのでデザート的な注文をしたい。

メニューの内容はシンプルだけど、逆に悩む。

スコーンはやや食事よりの存在だから外すとして、シフォンも今回は遠慮しておくとすれば、チーズケーキ系かショコラのどちらか……。

f:id:p-n-3-p-n-3:20170519102820j:plain

(どれでも良いがどれも魅力的で悩ましい)

 

水出しコーヒー&レアチーズケーキ 

f:id:p-n-3-p-n-3:20170519102659j:plain

 

レアチーズケーキ・・・ふんわりムースの部分は、食べれば爽やかな酸味とほのかな甘みを感じで、やや暑い日にぴったり。フルーツなどが無い分、ストレートにチーズの味わいが楽しめる。

 

水出しコーヒー・・・文字通り水で抽出したコーヒーだけど、その分さっぱりとしたコーヒーの味が楽しめる。夏でもアイスコーヒーだと”濃い”と感じる人は水出しコーヒーだと美味しく飲めると思う。

 

夏に食べたいケーキ&コーヒー

f:id:p-n-3-p-n-3:20170519102647j:plain

チーズケーキ自体はシンプルな見た目だけど、その分チーズの味を楽しめる。

上にちょこんと乗ったクリームやソースが見た目にも可愛らしい。 

 

水出しコーヒーは、味のバランスを崩さずに全体的に抑えたと言うか、さっぱりさせた様な味で、ゴクゴク飲める。

あんまり飲むとすぐ無くなっちゃうので、ある程度は注意しながら飲みたいが、本当にいくらでも飲めそうだ。

 

CAFE KICHIの魅力は、提供されるメニューも美味しいけど、観光地の只中で静かに過ごせる店内にあると思う。

定食屋や寿司屋なども魅力的だが、どうしても昼食時になると混雑して店内はザワザワしている。

 

そんな中でCAFE KICHIは外の音がほとんど聞こえない店内や、客が静かに過ごせる様にする配慮が本当に凄い。

観光地に来て色々なスポットや名所も見るのも楽しいが、少し立ち止まってゆっくりするのもいいな、と思える場所だ。

 

一息入れたら、また思いっきり観光を楽しみたい。

  それでは、また。

---

CAFE KICHI

営業時間:11:00~19:00

定休日:水曜日

熱海のカフェ CAFE KICHI

---

他にも観光地にあるカフェの記事、あります 

www.hakonegasaki.com

www.hakonegasaki.com