考えはいつだってNo think!

考えはいつもNo think! は丸の内界隈の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです

移転した銀座のロフトにて猿田彦珈琲のPOPUPショップが期間限定でオープン!

f:id:p-n-3-p-n-3:20170626111800j:plain
銀座ってか有楽町で無印料品と共に、広大な面積を誇っていたロフトが6月23日(金)から移転&リニューアルオープンした。
次世代に向けた新しいカタチの大型店として、絶えず新しい情報を発信し続ける「ヒト」がいる。
そんなキーワードを持つ、ロフト銀座店に猿田彦珈琲が期間限定でPOPUPショップを出店するとの事で行ってきた。
 

ロフト 銀座店

有楽町にあった時から広大な売り場に多数の商品を取り扱っていたロフトだが、移転するにあたってビルの3~6Fに入るとの事なので、最初はやや面倒臭い印象だった。
旧銀座店では、1フロアに様々な商品があるので見る方としては上下の移動が無い事が楽だった。
どうしてもフロアの移動があると、あまり関係ないエリアも上り下りしなければいけないので、それが嫌だった。
 
ただ、実際にリニューアルした店舗に行ってみると全くそれを感じさせない店舗作りになっていた。
各フロア事に事なる味付けがされており、どのフロアにも面白い雑貨・商品がある。
 
  • ・3F BODY&BEAUTY
  • ・4F HOME SOLUTION
  • ・5F WORK & STUDY
  • ・6F NEXT CREATION TRAVEL,MOBILE TOOL
 
細かく書くとキリが無いけど、5Fの「PENCIL BAR」が特に面白かった。
日本国内や世界各国から取り寄せた様々な鉛筆が並んでいて、こんなに種類があったのかと驚かされる。
鉛筆なんてしばらく使っていないけど、何本か欲しくなってしまうデザインの物がある。
 
 
そして4Fに期間限定で猿田彦珈琲が7月13日までの期間限定で、POPUPショップを出店している。
単純に豆や器具を売っているだけじゃなくて、ロフト銀座店限定でブレンドされた「時の器」を実際に飲む事が出来るのが大きな魅力だ。
店内で入れているだけあって、4Fに来るとほのかに珈琲の香りがするのも嬉しい。
 

POPUP SHOP

f:id:p-n-3-p-n-3:20170626112018j:plain

期間限定の出典だけあってメニューはシンプル。
洋なし風味の生キャラメルラテなども気になるが、ここは「時の器ブレンド」一択だ。
 

f:id:p-n-3-p-n-3:20170626112044j:plain

バリスタの人が目の前で実際に入れてくるので、見ていてテンションが上がる。
ドリッパーにお湯を入れて、焙煎した豆が「もももも…」って上がってくる瞬間が「さー、これから珈琲飲むぞ」って気になる。
 
このPOPUPショップのすぐ横で、バリスタの人が使っている道具を売っている。
温度計付きのドリップケトルもあった。やっぱり美味しい珈琲を入れるにはお湯の温度には拘りたい所だ。
腕に覚えのある人はドリップケトル他、一式買えばすぐにでも「家に猿田彦珈琲の出張店」が開店可能だ。
(多分そんなに簡単なモンじゃない…)
 

猿田彦珈琲 時の器

f:id:p-n-3-p-n-3:20170626112123j:plain

期間限定出典での強味か、飲む期間が暑い時期と決まっているのでかなりスッキリとした味。
苦味・コクは控えめで、スッキリした飲み口と感じるのはやや酸味がある為か?
暑くジメジメする外から店内に入って、ゴクゴクと飲めそうだ。
 
半分ほど飲んでから追加でミルクを入れようとしたら「牛乳をお入れしましょうか?」バリスタの方に言って貰えたのでありがたく入れて貰って”簡易カフェオレ”にする。
牛乳のお蔭でやや酸味が大人しくなり、珈琲の味が少し強まった気がする。
ややゲリラ的な飲み方だが、途中から味が変わるのも楽しい。
 
銀座のロフトはこれからも”新しい「コト」に出会う”イベントを企画して行くとの事なので、他にも期間限定で他のショップが出典する可能性がある。
少し奥まった場所にあるので、ギュウギュウに混雑する事も無いと思うので新しい「コト」に出会いたくなったら、また銀座のロフトに足を延ばしたいと思う。
 
それでは、また。
---

銀座ロフト

 
営業時間:11:00~21:00
定休日:無休

他にも気になる場所の記事、あります 

www.hakonegasaki.com

www.hakonegasaki.com