考えはいつだってNo think!

考えはいつもNo think! は丸の内界隈の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです

渋滞嫌いな人必見! 電車とバスと徒歩で行ける修善寺・熱海の旨い店&カフェ【まとめ】

f:id:p-n-3-p-n-3:20170605151730j:plain

観光シーズンや週末になると、決まってTVでは高速道路の渋滞情報がニュースになる。

 

「〇〇では35キロの渋滞です」

「見てください、車のテールランプが赤い川の様になっています」

 

車の運転は好きだけど、延々と続く渋滞は好きになれない。

好きな人もいないとは思うが。

 

行楽地へ行く道は大抵限定されているし、渋滞するスポットも大体決まっている。

観光する人数にも寄るけど、電車を使って目的地まで一気に移動した方がスムーズな場合もある。

 

静岡県伊豆半島は東京から程よい距離感にあり、豊かな海・山の幸も楽しめる。

熱海で温泉に入ったり、世界遺産韮山反射炉を見たり、修善寺を観光したり、魅力的な場所は尽きない。

車を使わずに電車で移動し、部分的にバスを使って巡る伊豆半島の旨い店のまとめである。

 

 

ワサビ丸ごと一本の贅沢 禅風亭なゝ番

www.hakonegasaki.com

 

朝10時開店と、早めのオープンがうれしい修善寺にある蕎麦屋の名店が「禅風亭なゝ番」だ。

観光地は、昼食時になるとどこも混雑するので、早めの開店時間は地味にうれしい。

 地味に嬉しいのだが……。

 

シーズンによっては開店後15分くらいで満席 (この時点でもまだ10時15分!) になる場合もあるので、早めの昼食と割り切って速攻で押さえておきたい。

前日に宿泊して旅館などで朝食がある場合は難しいけど、都内を朝イチで出れば開店直前くらいにはすべり混める。

伊豆半島の旅のスタートを蕎麦で始めるのも良いと思う。

 

広告

古民家カフェの方程式 芙蓉(ふよう)

www.hakonegasaki.com

  

修善寺の駅から少し、いや、もうちょっと離れた場所にある古民家カフェ。

”隠れ家的な〇〇”なんて、ぐるナビなどで紹介されているお店を見かけるが、芙蓉は間違い無く隠れている。

流石に”看板一切無し”とかそこまで難易度は高くないが、それでも地元の生活道を歩いて坂を上ってちょっと心配になったくらいに現れる。

 

草木に埋もれるように佇み、修善寺が観光地である事も忘れて、鳥の鳴き声をBGMに抹茶を頂く時間を過ごせる。

”自然×古民家×抹茶+和菓子”と古民家カフェを光らせる方程式が美しい。

呼び鈴代わりに、銅鑼を鳴らすなど独自のギミックも楽しい芙蓉は、古民家カフェの最高峰だ。

 

 ここ、本当に熱海駅前? CAFE KICHI

www.hakonegasaki.com

 

熱海駅から徒歩数分の所にある、芙蓉とはまた違った意味での隠れ家的カフェ。

面白いのは芙蓉とは真逆で駅から本当に徒歩数分、100歩くらいで到着できる事だ。

(本当に100歩かどうかは人に寄るが…)

 

観光シーズンには、買い物客でごった返す熱海駅前の、2つの土産物屋通りを繋ぐ細い道に”CAFE KICHI”は隠れている。

一本通りを抜けるとこんなに違うのか!? と、驚くほど静か。

googlemapで地図を見たときに「こんな所??」と思うような場所にあるが、実際に行ってみると本当にある、そして静か!

 

観光地のお店は、混むときは激混みするので、たまには観光も忘れて静かに珈琲を飲んだりぼーっとしたりするのもいいと思う。

店員さんも、来客との対応を店の外で行うなど、店内を静かに保つ配慮が伺えて非常に居心地が良かった。

(居心地良すぎてツイッターにあげるの忘れた…)

 

 有形文化財で抹茶を頂く 起雲閣

www.hakonegasaki.com

 

熱海市指定の有形文化財になっている起雲閣は、太宰治なども実際に訪れ宿泊した場所だ。

別荘 → 旅館 → 有形文化財出世魚の様に進化して来た、大正建築の建物が美しい。

窓ガラスなど今となっては生産不可能な部分が、当時のままで残っているので、一見の価値がある。

 

そんな場所で、しかも綺麗な庭を見ながら抹茶を頂く事が出来る。

旅館として営業していた時はバーだった場所が、喫茶室として営業しているのだ。

和洋折衷の、大正時代独特の様式美の中で、庭を見ながら静かに頂く抹茶は控えめに言って最高である。

起雲閣自体が、有料施設なので休憩する場所としては比較的空いているのも嬉しい。

 

 上手く使えば超便利! 湯~遊~バス

www.hakonegasaki.com

 

熱海市内を観光するにあたって、流石に観光地と駅をすべて徒歩で回るのは非常に難しい。

熱海は坂道の街でもあるので、海を見た後に来宮神社とかに行こうとすると、軽く死ねる

 

そんな過酷な環境下にあって、強力な助っ人となるのが1日バス券を購入する事が出来る「湯~遊~バス」だ。

熱海駅を起点に、主だった観光地を順繰りに移動するバスは、非常に頼りになる。

料金も700円と、3回バスに乗れば元が取れる優しい料金設定がうれしい。

 

【番外編】家でも伊豆半島を楽しむ! クラフトビール 

www.hakonegasaki.com

 

静岡のお土産で有名な物・美味しい物は多いが個人的な趣味で言うのであればクラフトビールがいいと思う。

地元の人がその土地で作ったクラフトビールは、どれも個性的な味をしていて忘れられない。

 

どこでも買える物では無いので、旅行先の一期一会感もあるのが楽しい。

自分好みでも、ちょっと違っても、どちらでも良い思い出になる。

お酒が飲めなかったり、禁酒しているのでなければ、その土地の楽しみ方としてクラフトビールを買う事をお勧めしたい。

 

それでは、また。

---

他にも渋滞嫌いな人の記事、あります 

www.hakonegasaki.com

www.hakonegasaki.com