考えはいつだってNo think!

考えはいつもNo think! は丸の内界隈の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです

【30代・メンズコーデ】夏の後半を手持ちの服だけで過ごしたい!

f:id:hakonegasakipn3:20170731212307j:plain

夏服が売り出され始めた時は、これから来る暑い季節にワクワクするが、後半になってくると、改めて夏服を買うのも気が引ける。

夏の後半ともなれば、ショップは秋物や早いとコートが売り出され始める。

 

出来るだけ今の手持ちの服の組み合わせを変えながら夏の後半のファッションを楽しみたい。

 手持ちの服の棚卸し 

Tシャツ 4枚

定番のユニクロ・GU・無印良品より。

Tシャツは消耗品なので、ガンガン着て1シーズンで着潰す感じで良いと思う。

着まわしを考えて、使いやすいモノトーン&夏っぽいネイビーとボーダーをチョイス。

特にボーダーとネイビーは着るだけで一気に”夏っぽく”なるので助かる。

f:id:hakonegasakipn3:20170730114052j:plain

 

 ジャケット 2枚

Gジャン・ネイビージャケットの2枚。

ジャケットの方はメッシュ地なので風通しもよく、湿度の高い時期でも楽に着られる。

腕まくりをする事でコーディネートに変化が付けられるのも嬉しい。

f:id:hakonegasakipn3:20170730114043j:plain

 

ボトムス 3枚

ジョガーパンツ・7分丈のチノパン・黒のジーパンの3枚。

色と形を分けて持っておくとコーディネートに変化を付けやすい。

 

  • ジョガーパンツ (ユニクロ) → カジュアル
  • チノパン (ユニクロ) → カジュアル、綺麗め 両用
  • ジーパン (UNITED TOKYO) → やや綺麗め寄り

 

実際は組み合わせ次第で左右されるけど、ざっくり分けておくとコーディネートの際に悩まない。

夏のジーパンは動きづらいイメージがあるが、実際はストレッチが利いていて、意外と楽に動ける。

f:id:hakonegasakipn3:20170730114048j:plain

 

靴 3足

こちらもボトムと同じで色や形、役割別に分けておくと迷わない。

スニーカーが雨に弱いので、雨の日や街歩き以外では大抵ブーツの出番になる。

そうは言ってもブーツもメンテナンスフリーでも無いので定期的に手を入れて長く使ってやりたい。

 

逆にスニーカーは街歩きや、旅行に出かけた際は重宝する。

特に普段使いしているランニングシューズは超軽いので、旅行に行って歩き回る時にも足が疲れにくい。

f:id:hakonegasakipn3:20170730114103j:plain

カバン 2個

夏用のキャンパス地のトートバッグとSEALのリュックサックの2個。

トートバッグはざっくり物を入れるのに便利。

リュックサックは3泊程度の国内旅行から日用品の買出し、会社への通勤と年間を通してほぼ皆勤賞になっている。 

f:id:hakonegasakipn3:20170730114055j:plain

帽子 1個

夏にお馴染の麦わら帽子。

被るだけで一気に夏らしくなる。

外を歩いていると日差しが結構シャレにならないので、ファッションとか以前の問題で被っておきたい。

f:id:hakonegasakipn3:20170730114059j:plain

 

 その他

 以上が主に着まわしていく服になる。

その他に、靴下やアンダーシャツなどがある。

 

Tシャツを1枚だけで着るのが苦手で、必ずタンクトップなどを下に着るようにしている。

程度の問題だが、日中に汗染みが出来るのを防ぐのと、汗でシャツがベッタリ張り付くのを多少なり防いでくれる。

 

服の棚卸しが済んだら、後は目的別にコーディネートを考えて行けばいい。

色がごちゃごちゃにならない事と「カジュアル寄りか? 綺麗め寄りか?」のどちらかに寄せて行けば大丈夫である。 

 

実際に組み合わせてみる

Gジャン・ジョガーパンツ

f:id:hakonegasakipn3:20170730114021j:plain

基本的にツートーンの組み合わせ。

ジョガーパンツはネイビーなので、Gジャンの色を比較的近い色だ。

逆にその他の小物類は出来るだけ白系統の物を使って色が混ざらない様にしている。

 

ジョガーパンツ&スニーカーなので着ていてとにかく楽。

ベルトも無いし歩きやすいので近場ならこれで出かけられる。

 

Gジャン・ジーパン

f:id:hakonegasakipn3:20170730114025j:plain

ボトムスが普通の色のジーパンだと”デニムonデニム”になってしまい、上下ともデニムの難しい着こなしになる。

人によっては「別に難しくないけど?」って言うけど、どうしも80年代感が出てしまうので苦手なのだ。

 

ただ、それも黒のジーパンなら解消される。

ボーダーのTシャツを着ているけど、基本は”黒・ネイビー・茶”の3色。

可能な範囲でブーツやリュックや腕時計の色を合わせてある。

 

あまり深く考えなくても、小物類の色をあわせておけば「オシャレに気を使っている感」が出るので、覚えておきたい技である。

 

ジャケット・チノパン

f:id:hakonegasakipn3:20170730114031j:plain

 非常に解りづらいが、ネイビーのジャケットの下にネイビーのTシャツを着ている。

割とシンプルに”ネイビー・白・黒”と色が分かれている。

 

チノパンが7分丈・靴がランニングシューズ・ジャケットがメッシュ地、などの事からこれも動きやすいコーディネート。

暑ければジャケットを腕まくりすれば、着こなしに変化を付けつつ、涼しくも出来る。

 

ジャケット・ジーパン

f:id:hakonegasakipn3:20170730114037j:plain

さっきとは逆にトップスを白に、パンツを黒に。

パンツが黒の時は、黒い靴もいいけど、Tシャツの色と同じスニーカーでパンツを挟むと色にメリハリが出来る。

 

自分なりのファッションで夏を楽しめ!

夏も後半になると、セールが始まってつい新しい服を買ってしまう。

ただ、欲しかった服が安くなって買うのと、安かったから買うのとでは訳が違う。

既存の服でも色味や使うアイテムの組み合わせ次第で夏っぽいバリエーションを増やす事が出来ると思う。

 

Gジャンやジャケットを着たコーディネートの写真だったが、単純に着ないだけでもバリエーションと言えなくも無い。

自分なりのコーディネートのパターンを3~5種類持っていれば、そうそう被る事も無いと思うので、会う人やシチュエーションに合わせていきたい。

 

なにより、ファッションって”楽しむ物”なので自分の好きな恰好で出かけて、楽しめるが1番良いはずだ。

暑い日は暑い日なりのファッションで、夏を楽しみたい。

 

それでは、また。

---

shop一覧

---

他にも夏向きの記事、あります 

www.hakonegasaki.com

www.hakonegasaki.com