箱根ヶ崎.com/有給をもっと楽しむ

有給休暇の取り方や楽しみ方を提案します

美ら海水族館から車で10分! ランチで食べたい最高の沖縄そば&沖縄ぜんざい【ルートマップ付き】

沖縄に行ったら、美ら海水族館は一度はいっておきたい場所ですよね。

しかし、沖縄での滞在時間は限られています。

旅行で来たからには、ゆっくりと楽しみながらも効率よく、色々な場所にいきたいところ。

 

美ら海水族館から車で10分ほどの距離に、沖縄そばの最高峰・沖縄そばならここしかない、と言われるお店があります。

さらに、その近くには沖縄ぜんざいの有名店もあるので、上手く回れば半日ほどで「美ら海水族館→沖縄そば→沖縄ぜんざい」と制覇することが可能です。

 

では、どんなルートでどんなお店に行けばいいのでしょうか?

車でのルートマップと合わせて紹介します。

美ら海水族館の写真

美ら海水族館近くの名店
続きを読む

沖縄の行くべき地元スイーツの名店『新垣ぜんざい屋』 メニューやアクセス方法を紹介

沖縄のスイーツといえばフルーツを使ったものや、アイスクリームなどが真っ先に思いつきますよね。

それ以外で、昔から地元で食べられているスイーツが『ぜんざい』です。

 

本州で食べられているぜんざいとは一味違う沖縄のぜんざい。

その名店が『新垣ぜんざい屋』です。

 

那覇からは車でそれなりの時間がかかりますが、このお店目的で来る人も多いそうです。

そんな沖縄の伝統的スイーツと、そのお店を紹介します。 

新垣ぜんざい屋の写真

沖縄独特のぜんざいとは?
続きを読む

沖縄の行くべき名店『きしもと食堂』 メニューや駐車場・アクセス方法を紹介

沖縄に行ったら、名物でもある『沖縄そば』は押さえておきたいグルメの1つですよね。

そんな沖縄そばのお店の中で、必ず名前が挙がるお店が『きしもと食堂』です。

 

那覇からは距離がありますが、それでも沢山の人が「ここのお店は旨い」と、いっている名店です。

沖縄そばはシンプルな料理だけに、似た味になりやすいイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?

 

メニューや料理の他に、車で行く人も多いので駐車場情報なども、あわせてご紹介します。

きしもと食堂の写真

沖縄そばの名店『きしもと食堂』
続きを読む

働き方改革で中小企業も有給が取りやすくなる? そんな訳は無いので対策が必要

働き方改革に伴って、中小企業でも有給休暇の習得や残業時間の制限を設ける動きが出ています。

これで、今まで取ることができなかった有給休暇が取りやすくなり、過労死や働き過ぎによるうつ病などのリスクが下げられる……。

 

……訳はありませんよね。

有給休暇に関しては、いまだに『休むことが悪だ』という人がいますし、休みたい人の自助努力で休めるようにする、という風潮があります。

 

大企業や先進的な企業では様々な取り組みをしていても、中小企業では対応が追い付いていなかったり、そもそもやる気が無いケースがあります。

かといって、労基署に駆け込んだり、いきなり退職する強硬手段に出るのも賢明ではありません。

 

この記事では

・職場で「有給を取れ」と命令されているけど、実際は休ませる気が無い

・自分の所属している部署が有給を使える雰囲気ではない

・ネットのニュースなどで取り上げられる企業は、大手かIT関係の企業が多いので参考にならない

そんな方に向けて、製造系の中小企業で内勤として働いている私が、自分の経験を元に有給休暇を取りやすくする方法を考えます。

有給を取り方のイメージの写真

自分なりの働き方改革
続きを読む

無印良品『天竺編みガゼット付き半袖Tシャツ』を徹底レビュー【コーディネート例あり】

無印良品では毎年、様々なTシャツを販売していますが、その中でも首元にアクセントがある『天竺編みガゼット付き半袖Tシャツ』を購入しました。

 

Tシャツは断然ユニクロ派でしたが、無印良品のTシャツを買って着てみると「これは結構いい勝負なのでは…」と思っています。

結論から言うと、無印良品のガゼット付き半袖Tシャツは『買い』です。

なんなら、色違いで5着くらい買ってもかまいません。 

この記事では

  • 無印良品の服を買ったことがない
  • 普通すぎるTシャツは嫌だけど、攻めたTシャツも嫌だ
  • Tシャツで何を着ようか悩んでいる

そんな悩みを解決できるようにレビューしていきます。

天竺編みガゼット付き半袖Tシャツの写真

無印良品のTシャツを徹底レビュー!
続きを読む

中小企業のチームリーダーが有給年0回から、毎月取れる様になるまでにやったこと

2019年4月から有給休暇の消化をさせていない企業に対して罰則が適用される様になりました。

 

1労働者としては嬉しいことですが大企業と違い、中小企業では休むことが難しい状況が続いています。
会社側の言い分としては「もちろん有給だから休んでもいいよ。ただし、仕事は終わらせていってね」と、いったところではないでしょうか?

 

そんな言い分を真っ向から受けていては『有給申請して会社に出勤する』なんて、笑えない状態になってしまいます。


実際に私も有給申請はしたものの結局休めず、会社に出勤することがよくありました。
そんな状態から、今は毎月1回は好きな日に有給を使って休めるようになっています。

 

大企業と違って、マンパワーに頼っている中小企業では口を開けて待っているだけでは休めません。
自分も含めて、周囲の環境や文化を変えていく必要があるので、有給を取るために私がやったことを紹介します。 

有給を取り方の写真

有給を取るまでにやったこと
続きを読む

【E-PL2】沖縄は海だけじゃない、街角の個性的なシーサーたち

シーサーと言えば沖縄のマスコット的な存在で、お土産品の定番です。

お土産物屋で売っているシーサーを見ると「あぁ、沖縄に来たな」と思わずにはいられません。

 

そんなシーサーですが、実際に沖縄ではお店や民家の玄関で活躍しています。

「どうせ沖縄の定番なんでしょ」と、思うかもしれませんが、改めて見てみると可愛いものからファンキーな物まで、個性豊かなシーサーが見られます。

 

沖縄本土であれば、どこに行っても見かけるので観光のついでに個性豊かなシーサーを探してみてはいかがでしょうか?

沖縄 シーサー

沖縄は海だけじゃない、街角の個性的なシーサーたち
続きを読む

自由ヶ丘でタピオカをサクッと楽しむなら、Gong Chaがオススメ!

自由が丘でタピオカをサクッと飲むなら『Gong Cha(ゴンチャ)』がオススメです。


ドリンクの味やタピオカの食感もさることながら、提供スピードの速さと自由が丘駅南口から徒歩1分の距離にあるアクセスの良さが理由です。

2019年4月現在で25以上の店舗数を誇り、さらに出店数を増やしているので、タピオカを販売しているお店の中ではもっとも勢いを感じます。


4種類の中からドリンクを選び、そこに甘さに調節やトッピングで自分なりにカスタマイズしていくスタイルが特徴的なお店です。

 

店舗の雰囲気や、ドリンクのメニューはどうなっているんでしょうか?
オススメのドリンクと合わせてご紹介します。

自由ヶ丘 タピオカ ゴンチャ

Gong Cha エトモ自由が丘店
続きを読む