有給日和 | 有給を使った理想的な旅

平日を休日に変える、有給休暇の取り方や楽しみ方を提案します

Webライター・ブロガー的2021年書いて反響のよかった記事 3選

2021年も残りわずか。

コロナ禍に振り回された年の、2年目が終わろうとしています。

 

良くも悪くも生活スタイルを変えざるを得なかった2021年。

そんな中でもWebライターとして、またブロガーとして反響のあった記事をかけたのは嬉しいかぎり。

 

この記事では2021年の総括として、今年書いた記事の中で特に反響のあったものをまとめてご紹介します。

Webライター・ブロガーが書いた反響のよかった記事のイメージ

【Webメディア】四国八十八ヶ所巡礼は若い人にこそおすすめ。巡ってみてわかったその魅力

 

LIFULL HOME’S内で連載中のLIFU LISTの記事。

四国八十八か所巡礼を大学の卒業旅行にする、ニッチすぎる体験をした経験が生きています。

もともとお寺は大好きなので、巡礼自体はそれほど苦になりませんでした。

しかし、カーナビが満足に行きわたっていない時季の旅行だったので、地図を見ながら初見の山道を延々と走るのに苦労しました。

Webライター・ブロガーが書いた反響のよかった記事のイメージ

四国八十八か所を語る上では、弘法大師の存在は欠かせません。

そのため、Webライターの基本の1つ”ひらがなと漢字のバランス”が、大きく漢字に傾いています。

それでも、自分の好きなものや経験を文章にして納品することができたので、個人的にも満足しています。

 

四国、また行きたいなぁ……。

【ブログ】【30代~40代】休みの日にすることがないなら平和島温泉へ!徹底的にダラけたい人に魅力をご紹介

長引くコロナ禍で、遠方への旅行ができない中での記事。

都内・関東近郊のスーパー銭湯、温泉での過ごし方を取り上げています。

 

スーパー銭湯は、平日にいくことで安くて空いている状態で楽しめるので、男性女性問わず、有給休暇の使い方としておすすめです。

また、複数人で過ごすのも楽しいですが、1人のペースで過ごすのも楽しいかぎり。

1人での活動に抵抗がない人は、おすすめです。

Webライター・ブロガーが書いた反響のよかった記事のイメージ

スーパー銭湯の紹介は温泉YouTuberも動画投稿しているので、ブログでも見やすさを重視して、写真多めの記事編成に。

平和島温泉の記事以降、スーパー銭湯紹介シリーズは月1回くらいの頻度で更新されています。

【ブログ】【ルームツアー】コンセプトは気持ちの切り替えができる場所!「トグルホテル 水道橋」のカフェやアメニティをまとめてご紹介

限られた中でも、近場のホテルに泊まって非日常を体験する記事がこちら。

新しくオープンした「トグルホテル」は、クッキリと分けられたバイカラーが魅力の1う。

 

ビビットな色使いでも、不思議と居心地の良い時間を過ごせる空間です。

水道橋は、東京ドームの近くでもあるので、スポーツ観戦やライブ参戦などで訪れる人も多いはず。

リーズナブルな料金でオシャレな空間に一泊できるので、おすすめのホテルです。

Webライター・ブロガーが書いた反響のよかった記事のイメージ

こちらも、旅行系Youtuberの動画を意識して、写真が多めの記事。

文章が向いている記事もありますが、旅行系の記事はあきらかに写真向き。

皮肉な話ですが、タイトルと写真だけでも内容がわかる、くらいの気持ちで書いた記事です。

まとめ

2020年~2021年にかけて、旅行に行く機会も減り、好きな場所に行くことへのワクワク感も忘れてしまいがちです。

しかし、ワクチンや経口薬などの対抗手段の登場で、少しづつ光が見えてきています。

 

一切なにも気にすることなく旅行が楽しめるようになったら、ガンガン旅行をして、たくさん写真を撮って楽しみたいですね。

そもそも旅行に出かける休みが取れない、という人は

アルバイトでもパートでも派遣社員でも、働いている人には有給休暇を取る権利があります。

休日に有給を加えて旅行にいったり、自分の好きなことに時間をつかうことは、生きていく上で大切なことです。

 

有給は雇用形態に関わらず、与えらえています。

しかし、周囲の空気や上司に気を使って、有給が使えないのはツライですよね。

  • どうすれば、有給を取りやすくなるのか?
  • そもそも有給を使うのに理由はいるのか?
  • 有給を申請したら、日付を変えろって言われた。

有給休暇は労働者の権利! 権利を侵害する上司や会社は訴えてやる!

と、勢いよく言っても、同僚から「面倒くさいやつ」と思われるのも考えもの。

権利は権利として主張することが必要ですが、過度な主張をして職場で浮いてしまうのも避けたいところ。

周囲から浮かず、それでいて仕事もこなしつつ、有給を取る。

そんな方法をまとめた記事もあります。

有給を取りたいけど、言い出しにくい……。

そんな時に、ぜひ読んでみて下さい。