キル×タベル×ツナガル

30代からの、好きな人と繋がる為のWebマガジン

「アラサーだけど、初恋です。」1巻レビュー 32歳、奥手男子の遅れてきた青春

アラサーだけど、初恋です。 1巻 レビュー

「アラサーだけど初恋です。」の1巻を読み終わりました。
思い当たるフシがあって途中、何度か「あー……こういう事ってあるよね」と思いながら読みました。

 

SNS発のラブコメ漫画ですが、読み終わった感想をざっと書きたいと思います。

32歳、彼女居ない歴=年齢

32歳で彼女居ない歴=年齢の主人公「叶多」が職場の後輩から紹介された女性・優海と付き合える事になるところから話が始まります。

 

ポイントは32年彼女がいなかった人で叶多みたいな人が居るか、という話はさておいて男の気持ちの動きはリアルです。

表現が、ではなくて大まかな気持の動きに対して「リアル」さを感じます。

 

絵柄や吹き出しなどのマンガ独特の表現に目が行きがちですが、叶多の考え方や気持ちの動きは共感できる部分が多いです。
過去の付き合った人数をごまかしたり、初恋なので挙動不審になるのをカバーしようとしたり、そのあたりの気持ちの描写を読んでいると、過去の自分を見ている様で恥ずかしい気持ちになります。

恋愛経験少な目な人の戦略

アラサーだけど、初恋です。 1巻 レビュー

この本の通りにやって恋人ができるかと言ったら、もちろんそんなにサクッとできれば苦労はしないです。

 

ただ、恋愛経験無しか、ゼロの状態でアラサーに突入したらもう下手な恋愛テクは無しにして清潔感+誠実さで勝負するのが一番手堅い気がします。


恋愛経験が少ない人がアラサーになったからって急に恋愛上手になるわけじゃないので、最終的には一周回って「人間味」が大切になってくるのではないでしょうか?


叶多も1巻の最後で正直に優海に恋愛経験が無い事を話していました。
それを優海は受け入れて1巻は終わりましたが、実際の恋愛もそれで受け入れられないのであれば、お互いに不幸なので分かれればいいだけです。


もちろん、別れたくなければどちらかのある程度の努力は必要だと思いますが……。


アラサーの恋愛で何がダメかって時間の浪費が大敵。

下手に装うよりも最初っから正直に自分を出して、OKなら付き合えばいいし、ダメなら「あ、この人とは合わなかったんだな」ってだけの話です。

そこを見切れないと、ずるずると時間の浪費をしてしまいます。

 

10代や20代と違って時間も体力も限られるアラサーの恋愛は、見極めが重要です。

そういう意味では叶多は会った初日に優海に告白しているので、効率的と言えば効率的です。

リアルにそれをやって成功するかは、また別問題ですが……。

アラサーの恋愛

アラサーだけど、初恋です。 1巻 レビュー

最終的に思ったのは「アラサーになってからの恋愛は下手な小細を弄するより、最初からガチンコ勝負を挑んだ方が最終的にはお互いの為」ってことです。

叶多は図らずもその戦略で攻めて成功しています。


バカにされる事もありますが人間、やっぱり正直に生きるのが一番コスパがいいです。
恋愛の記事じゃないけど、はせおやさい(id:hase0831 )さんの記事でも「真面目が一番コスパが良い」っていうのがありますし、本当にそう思います。

▼はせおやさい(id:hase0831 )さんの記事はこちらから

「真面目」が一番コスパが良い - インターネットの備忘録


「アラサーだけど、初恋です。」は、恋愛の上手く行くかどうかをハラハラしながら読む漫画ではありませんが、お互いに恋愛経験ゼロの叶多と優海の遅れてきた青春を楽しめます。

よくある恋愛漫画のようにスムーズな恋愛ではなく、等身大の2人の気持ちが楽しめます。

 

男が読んだ感想としては、結構気持ちを言い当てている部分もあります。

男だったらこの気持ちは解るとか、こうなるとテンパるよなぁとか読んでいて楽しいです。

 

恋愛指南書、とは違いますが微妙にすれ違う気持ちや、お互いの心の動きはリアルでした。

2巻も発売されているので、続けて読んでみたいですね。