有給日和 | 有給を使った理想的な旅

平日を休日に変える、有給休暇の取り方や楽しみ方を提案します

通話の録音とチャット化ができるアプリ コネクトで電話の緊張を解消する【PR】

「その件に関しましては、〇月〇〇日にお伺いしてお打合せしたあと、〇〇日にお見積りを提出、〇〇日にサンプルを提出する形で進行いたします」

仕事をしていると、こんな通話を行うことがよくありますよね。

納品日から逆算して、スケジュールを組み立てながら、お客さんとの打ち合わせを進めていいきます。

 

1件の通話なら問題ありませんが、何件も立て続いてくると「あれ、何日に提出するだっけ……?」と、思うことも。

もちろんメモをとるようにしていますが、日付がうろ覚えのときに限って、メモを取っていないことってありませんか?

私は、話しながらメモをとるのが苦手なので、いつも通話する前に「忘れないか?」と緊張してしまいます。

 

この記事では、そんな心配が必要なくなるアプリをご紹介します。

うろ覚えでスケジュールを組んで、自分の有給休暇と仕事の予定がダブルブッキングしないようにするためにも、ぜひ参考にしてください。

iPhoneで通話録音のできるアプリ コネクトの紹介画像

電話が緊張する2つの理由

私が通話で緊張する理由は、大きく分けて2つあります。

1つは、話す内容がまとまらないこと。

もう1つは、話した内容を忘れてしまうことです。

1.話す内容がまとまらない

通話をするのは、なにか用事があるからですよね。

その”なにか”を頭の中だけに置いておいて、話し始めるのは危険です。

同じことを2度・3度言ってしまったり、自分でも何の話をしているのかわからなくなってしまったりすることも。

iPhoneで通話録音のできるアプリ コネクトの紹介画像

ポイントは通話するための用事を箇条書きにして、用意しておくこと。

できれば3つくらいに絞っておくと、自分でも混乱しません。

通話をして、上から順番に箇条書きした項目について、お客さんと決めていけば大丈夫です。

 

逆に1つだけだったり、3つ以上のことを決める必要があるなら、メールに切り替えるのがおすすめです。

2.話した内容を忘れる

ポイントを絞って、会話していれば問題ありませんが、話が横道に反れた時が問題です。

つい、長電話になってしまい「それでは失礼します」と通話を終了。

あれ、結局何日に訪問する話だっけ…?

〇〇日だった気がするけど、××日って言ってた気もする。

 

こうなることが怖いので、私は通話する前に、いつも緊張します。

対策としてはメモをとるか、通話を100%録音しておくしか、方法がありません。

メモをとるのが一般的ですが、常にメモが取れる状況ではない仕事もありますよね。

また、通話の録音も肝心の日付の部分を探すために、何度も同じ通話の会話を聞きながら探す必要があります。

iPhoneで通話録音のできるアプリ コネクトの紹介画像

そこでメモに加え、通話の録音も可能なアプリとして使っているのが「コネクト」です。

録音&チャット化ができるAI通話アプリ コネクト

iPhoneで通話録音のできるアプリ コネクトの紹介画像


コネクトは録音に加え、AIによる通話のチャット化が可能なアプリ。

通話の内容が自動的に文字に起こされるので、”通話+話の要点をまとめる+メモする”というマルチタスクをする必要がありません。

純粋に通話のみに、集中することができます。

 

通話のチャットは、LINEなどと同じように表示されます。

AIを使った翻訳や字幕などで、やや違和感があるように、少し不自然な日本語になることも。

しかし「〇月〇〇日」といった日付や数字は、高い精度でチャット化してくれます。

iPhoneで通話録音のできるアプリ コネクトの紹介画像

※画像はアプリ内のサンプルです

コネクトの特徴として、無料で使えることが挙げられます。

コネクト同士の通話であれば、無料で録音&チャット化機能を使うことができます。

仕事で使う場合、たとえ少額でもお金を使うのであれば費用対効果を求められるはず。

 

無料でテストをして、効果が実感できたら有料プランを導入していくのもおすすめです。

▼サービスサイト・アプリのダウンロードはこちら【外部リンク】

コネクトを使った実感した3つの特徴

さらに、コネクトをは使いやすい3つの特徴があります。

1.iPhoneでも通話の録音が可能

iPhoneでは、基本的に通話の録音ができません。

これは、appleの本社があるアメリカでは、州によって通話の録音を禁止する法律があるからです。

iPhoneで通話録音のできるアプリ コネクトの紹介画像

※画像はアプリ内AIとの通話です

会社用のスマホとして支給されることもiPhoneは多いので、不便ですよね。

他の機器を繋いで録音する方法もありますが、スマートではありません。

 

しかし、コネクトならiPhoneでも録音が可能です。

無料会員でも、毎月5分間のお試しを体験できます。

2.通話時間の追加購入が可能

コネクトの料金プランは、大きく分けて2つ。

無料プランと、月額3,300円のサブスクです。

 

しかし、コネクトの特徴として無料とサブスクの間に”60分チャージ”というプランがあります。

これは、文字通り60分の通話時間がチャージできるプランです。

iPhoneで通話録音のできるアプリ コネクトの紹介画像

通話の回数や時間が多い人は、サブスクプランがおすすめですが、少ない人にはこちらがおすすめです。

60分1,200円で利用することができるので、毎月2時間ほどの通話であれば、こちらのプランがお得です。

無料プランよりも、もう少し踏み込んで利用してみたい場合にも、60分チャージプランが有効です。

 

追加のプランはアプリ内でチャージできる上に、残りの時間も確認することができます。

iPhoneで通話録音のできるアプリ コネクトの紹介画像

iPhoneで通話録音のできるアプリ コネクトの紹介画像

追加のチャージもアプリ内で可能

3.アプリから、そのまま質問が可能

スマホを普段から利用しているのであれば、コネクトの操作でつまずく心配は、少ないはず。

しかし、それでも操作方法でわからないことがあれば、アプリ内でシームレスに質問することができます。

iPhoneで通話録音のできるアプリ コネクトの紹介画像

メールや電話での質問を受け付けているアプリやサービスは、珍しくありません。

しかし、コネクトはアプリ内で、そのままチャットを使って質問することが可能です。

 

運営会社の営業時間内での対応となりますが、その時間は”平日11:00~18:00”なので心配する必要がありません。

そのため”通話の緊張を解消するアプリの使い方を、通話で解決させる”という、よくわからない状況が避けられます。

まとめ

  • iPhoneでも通話の録音が可能
  • AIによる通話のチャット化
  • コネクト同士の通話は無料
こちらのアプリ コネクトの特徴ををまとめると、以上の3点になります。
 
仕事で日付や時間の間違いは避けたいところですが、人間である以上、うっかりミスを100%防ぐことはできません。
しかし、コネクトを使って通話することで、うっかりミスが発生する確率を下げることができます。

iPhoneで通話録音のできるアプリ コネクトの紹介画像

通話の録音やチャット化、お試ししやすい料金プランなど、コネクトは気軽に導入することができます。
ぜひコネクトを使って、仕事の予定と自分の有給休暇がダブルブッキングしないようにして、スケジュール管理をしてください。
▼サービスサイト・アプリのダウンロードはこちら【外部リンク】