有給日和 / 「休みたい」を「休めた!」に変えるブログ

有給休暇の取り方や楽しみ方を提案します

伏見稲荷に初詣に行くなら、必ず食べたい『稲荷茶寮』 の新春限定メニューを紹介

京都に行くなら、必ず1度は行きたいのが伏見稲荷です。

ずらりと並んだ鳥居は、ご利益以前に一見の価値があります。

特に年末年始に京都に行ったのなら、初詣にも行っておきたいですよね。

 

そんな伏見稲荷ですが、実は境内でお抹茶が頂けるお店があるのは、あまり知られていません。

タイミングによっては稲荷は混んでいても、店内はガラガラ、なんてことも。

 

この記事では、実際に京都で年末年始を過ごした私が、伏見稲荷内にある穴場スポット「稲荷茶寮」の新春限定メニューをご紹介します。

最後まで読んでいただければ、伏見稲荷への初詣が、もっと楽しみになりますよ。

伏見稲荷に初詣に行くならオススメの稲荷茶寮の紹介写真

稲荷茶寮 マップコード・営業時間

予算:1200円~1500円

営業時間:10:00~16:00

定休日:水曜日

入店までの待ち時間:0分前後 (1月2日 10時ごろ)

マップコード:7 468 634*42

▼公式Webサイトはこちら

京都・伏見 お茶の椿堂茶舗

稲荷茶寮 駐車場情報

マイカーやレンタカーで来られる方は、こちらの駐車場が便利です。

ただし、慢性的に混雑しているので、公共交通機関の利用をオススメします。

 

稲荷茶寮 店舗紹介

稲荷茶寮は、伏見稲荷の休憩所「啼鳥菴(ていちょうあん)」の中にあります。

一通り参拝も終わり、帰り道の中ほどにあるので「ちょっと一息つきたい」と思う、絶妙のタイミングです。

伏見稲荷に初詣に行くならオススメの稲荷茶寮の紹介写真

実は最後まで参拝するのが、少し大変な伏見稲荷

伏見稲荷の参拝は、軽い登山のようなもの。

その上、初詣となるとかなりの混雑となります。

そんな時に、休憩できる場所があるのはありがたいですよね。 

稲荷茶寮 新春限定メニュー 

通常はパフェやぜんざいなど、スイーツが注文できますが、年始は『お抹茶+生菓子』の限定メニューとなります。

 

普通の日であれば紅茶や玉露など、抹茶以外のドリンクも選べますが、年始は抹茶一択になるので、苦手な人は注意が必要です。

献上宇治抹茶と生菓子

伏見稲荷に初詣に行くならオススメの稲荷茶寮の紹介写真

疲れた体に抹茶と生菓子が染み渡る

伏見稲荷に初詣に訪れて、老舗の抹茶と生菓子を頂く。

落ち着いた庭を見ながら、ゆっくりと抹茶と生菓子を楽しむのは至福のひと時。 

伏見稲荷に初詣だからこそ、抹茶

伏見稲荷に初詣に行くならオススメの稲荷茶寮の紹介写真

初詣にいくときに、思い切って抹茶を楽しみたい

普段、生活していて抹茶を飲む機会は、かなり少ないのではないでしょうか?

ラテやチョコレートなどで、口に入れる機会は多いかもしれませんが抹茶を「抹茶」として、飲むことはめったにありません。

 

伏見稲荷で初詣が終わり、少しだけ疲れた午前中。

肌寒い外でゆっくりと抹茶を頂き、生菓子の甘みを味わう。

京都に来て、京都でしか味わえない、年始の楽しみ方です。

 

抹茶と生菓子のセットで1200円と、決して安くはありませんが、それでも日ごろの慌ただしさを忘れる、ゆったりとした時間が味わえます。

稲荷茶寮はこんな人にオススメ 

伏見稲荷に初詣に行くならオススメの稲荷茶寮の紹介写真

家族連れや恋人と来ても、楽しめるのが稲荷茶寮です。

伏見稲荷を出て、外にも魅力的なお店はありますが、境内にある稲荷茶寮は比較的空いているので、ゆっくりと休憩したい時にオススメ。

 

しかし、あえて1人で静かな庭を見ながら、今年1年をどんな風に過ごそうか、ゆっくり考える時間の使い方も魅力的。

 

いづれにしても、抹茶+生菓子という日本らしいスタイルで休憩できる稲荷茶寮は、伏見稲荷を訪れるなら、ぜひ行っておきたい場所です。