キル×タベル×ツナガル

30代からの、好きな人と繋がる為のWebマガジン

ユニクロ 「 スウェットフルジップパーカ」のメンズ用コーディネート紹介と徹底レビュー

ユニクロ スウェットフルジップパーカー

ユニクロのパーカーは発売当初から年々ブラッシュアップを繰り返し、ベストセラーと言われるほどになっています。

スウェット地を使っている「スウェットフルジップパーカ」は夏こそ出番はありませんでしたが、寒くなっている秋冬には心強いアイテムです。

 

パーカーは上着の中に着てカジュアルな雰囲気にしても良し、1枚でさらりと着ても良しの万能アイテム。

ジーパンと同じで1枚持っておくとコーディネートに幅が出ます。 

そんなユニクロのパーカーを、コーディネートしつつ徹底レビューします。

ユニクロ  スウェットフルジップパーカ

f:id:hakonegasakipn3:20180920171243j:plain

f:id:hakonegasakipn3:20180920171246j:plain

f:id:hakonegasakipn3:20180920171251j:plain

値段:2,990円(税抜)

色:ライトグレー・グレー・ダークグレー・ブラック・レッド・ブラウン・ダークグリーン・ブルー・ネイビー

(画像はグレー・ダークグリーン・ライトグレー)

サイズ展開:XS・S・M・L・XL・XXL・3XL・4XL

今回の着用サイズ:M

スウェットフルジップパーカを使ったコーディネート

コーディネートのポイント

 パーカーはカジュアル色の強い服なので、ズボンまでジーパンにすると楽な恰好になりすぎるので、無難に黒スキニーなどにしておけば大丈夫です。

ズボンのサイズが合っていないと全体的にぼやっとした、だらしない印象になってしまうので、ズボンのサイズ感はかなり重要です。 

  色もあまり使い過ぎると子供っぽい印象になるのでシンプルにモノトーンのコーディネートにすれば適度に大人っぽい印象を与えられます。 

同時にパーカーはスポーティな服でもあるので、鞄を合わせるならリュックサックがオススメです。

フロントポケットフラップリュック

 

ナイロンバックパック

 スウェットフルジップパーカのコーディネートのポイントは3つ。

  • ズボンをサイズ感に注意しつつ黒スキニーにして、カジュアルになり過ぎない様に
  • 色を使い過ぎると子供っぽくなるので、モノトーンなど使う色数を少なく
  • カバンはリュックサックなどでスポーティにしてもOK 

f:id:hakonegasakipn3:20180920174513j:plain

前開きのジップがありますが上まで閉じてしまうと、やや重たい印象になってしまうので、できれば避けたいところですね。

 

他の服にも言える事ですが、サイズ感は大切です。

あえて大き目のサイズにする、など目的が無ければ無難に自分の体形に合った物を選んで下さい。

サイズ感が合っていないと、一発でだらしない印象になります。

 

レシートが残っている状態で、買ってから3ヵ月以内であれば基本的には返品・交換対応はしてもらえますが、わざわざ手間を掛けても得る物はないのでしっかり試着してから買いたいですね。

スウェットフルジップパーカを使ったコーディネート例

ユニクロ スウェットフルジップパーカー

※着用者の身長 / 体重:183cm / 72kg

 

白Tシャツを中に着て、上着としてグレーのパーカー。

ズボンは黒スキニーでカジュアルになり過ぎない様に。

 

フルジップパーカーはジップを開けておいた方が特徴が出ます。

写真は白Tシャツを着ていますが、他の色を使ってアクセントにするのもいいですね。

その際も、原色は避けてくすんだ色にして落ち着いた雰囲気にする事を心がけましょう。 

 

写真には写っていませんが、冬の寒さ対策にニット帽がオススメです。

ズボンの色と合わせて黒にすると、コーディネートに統一感が出てきます。

▼ユニクロ 公式オンラインストアはこちらから

UNIQLO|ユニクロ公式オンラインストア

スウェットフルジップパーカ 徹底レビュー

フード

f:id:hakonegasakipn3:20180921151605j:plain

パーカーの最大の特徴とも言えるフード部分。

スウェット地なのでかなり肉厚な印象です。

 

フード部分はやや背中方向に寝るので、もっと立体感が欲しいという人はスウェットプルパーカーの方をオススメします。

f:id:hakonegasakipn3:20180921154022j:plain 

ファスナー周り

f:id:hakonegasakipn3:20180921154110j:plain

ユニクロ製品でおなじみ、安心と信頼のYKK製です。

スムーズに開け閉めできますが、閉めてしまうとほとんど見えなくなってしまいます。 

ポケット

f:id:hakonegasakipn3:20180921154237j:plain

こちらもパーカーの大きな特徴であるカンガルーポケット。

スウェットプルパーカーと違って、しっかりと存在感がありますね。

 

ユニクロのパーカーはスポーツ系以外では、ややカジュアルなフルジップパーカと綺麗めなプルパーカー、という差別化がされていますね。

どちらが良いかはお好みで。 

背中側

f:id:hakonegasakipn3:20180921154536j:plain

 スウェット地なだけあり、柔らかい触り心地。

寒くなっていく秋冬や、まだ肌寒い春先でしっかり活躍してくれそうですね。

脇部分

f:id:hakonegasakipn3:20180921154702j:plain

袖口の絞り部分。

人によっては子供っぽい、と思われるかもしれませんね。

個人的な感想としては、それほど「子供っぽい」とは思いませんでしたが……。

秋の主力、冬の補助戦力として活躍できるパーカ

秋の日中は少し暑い日があるので、脱ぎ着しやすいパーカーはありがたいところ。

 

冬は文字通りスウェットの肉厚な生地なので、下着としてヒートテックなどを合わせてら暖かく過ごせます。 

さらにもっと寒くなれば、コートの下に着ても存在を出してくれます。  

 ジャケットやチェスターコートなどとも相性がいいので、1枚持っておくとコーディネートに幅が出ます。

 

たかがパーカーと言ってしまえばお終いですが、色やサイズ感・ジップの有無などで受ける印象が変わってきます。

自分なりにユニクロの スウェットフルジップパーカにかぎらず、いろいろな種類のパーカーを試してみて下さい。