キル×タベル×ツナガル

30代からの、好きな人と繋がる為のWebマガジン

鎌倉のカフェでは意外な穴場? 長谷駅近くの vuoriで食べる絶品チーズケーキ

鎌倉長谷寺カフェ穴場vuori

鎌倉はカフェの数が多い激戦区ではありますが、中心部を離れれば比較的空いている素敵なお店も多いのが魅力です。

 

鎌倉駅から江ノ電で少しだけ移動した長谷駅の近くにもカフェはあります。

何気に長谷駅はあじさいで有名な長谷寺や鎌倉の大仏があったり、鎌倉観光の第二の要所。

このあたりの食事できる場所や休憩できるカフェの場所は、知っていて損はありません。

 

そんな長谷駅から徒歩数分のカフェ vuoriを紹介します。 

カフェとくらしの道具店 vuori

予算:1,000~1,500円
営業時間:11:00~19:00
定休日:なし

入店までの待ち時間:0分前後 (土曜日・14時ごろ)

▼公式Webサイトはこちら

vuori cafe&gallery+shop - vuori

vuori  店舗紹介

アジサイが綺麗に咲き誇る長谷寺、1度は訪れたい鎌倉の大仏、文豪の資料が多く残る鎌倉文学館など、長谷駅周辺だけで1日過ごせそうなボリュームです。

 

そんな長谷のメインスポット達のほぼ中心に位置するのがカフェ「vuori」です。

メインスポット類の中心にある、という事はここで適度な休憩を挟みやすい、という事なので、歩く機会の多い鎌倉ではうれしいところ。

鎌倉のカフェvuori

店内の内装はシンプルモダンな雰囲気で統一されていて、シンプルな中にも可愛らしさがあります。

お店自体が「カフェとくらしの道具店」なので、置かれた小道具1つを取っても絵になるというか、味があります。

 

自分の家ではこんな感じは絶対に出せませんが、近くにあれば週に1回は行って気持ちをリセットしたい、そんな雰囲気のあるカフェです。

f:id:hakonegasakipn3:20180619201221j:plain

vuoriの主なメニュー

f:id:hakonegasakipn3:20180915143207j:plain

※画像は公式Webサイトより

 

ネルドリップコーヒーや紅茶類、グラスワインなどドリンク類は一通りそろっています。

その他、チーズケーキやガトーショコラなどケーキ類はどれも美味しそうです。

 

少し変わった所では夏季限定でかき氷があります。

白いふわふわの氷にほうじ茶ミルクティーをかけたり、黒みつをたっぷりかけたりしたかき氷はどれも一度は食べてみたくなります。

夏に訪れた時は押さえておきたいところですね。

ベイクドチーズケーキ&アイスコーヒーのセット

f:id:hakonegasakipn3:20180915144342j:plain

チーズの僅かな酸味と控えめな甘さが大人に嬉しいチーズケーキ。

アイスコーヒーとお互いの味を引き立てるので、ゆっくりとそれぞれの良さを味わいところ。

さわやかな酸味と甘味が楽しめるチーズケーキ

チーズケーキって割とよく見かけるメニューなので、お店の個性が出やすいケーキだと思います。

甘かったり、酸味が強かったり、食べたお店によって本当に同じ種類のケーキなのか? とか思ったりします。

長谷のvuoriのベイクドチーズケーキ

vuoriのチーズケーキはやや控えめな甘さに、チーズの味がしっかり感じられました。

甘すぎると、コーヒーを飲んだ時にめちゃくちゃ苦く感じてしましますが、程よい甘さだったので、アイスコーヒーの味を邪魔せずに楽しめます。

 

店内も観光客よりも、どちらかと言うと地元の人が多かったです。

地元の人がいくお店って、やっぱりその場所でオープンしてから信頼されていないと来ないので、改めてお店の雰囲気の良さを感じました。

  

古い物と新しい物が一緒くたになっているのが、鎌倉の魅力です。

これからも行く度に新しいお店ができていると思いますが、その一方で地元の人達からも愛されるお店が増えていくといいですね。 

vuoriはこんな人におすすめ

気軽に入れる雰囲気、大通りに面した立地、周りが観光地、と行かない理由が見当たらないほど素敵なお店。

鎌倉の観光はとにかく歩く事が多いので、疲れたときにさっと入れるカフェはうれしいですね。

 

店内も明るい雰囲気なので、デートで来ても変にムーディーな感じにはなりません。

歩き疲れた時は気軽に立ち寄りたいですね。

 

席の間隔は開いていていますが1席あたりの数は少なめな。

利用する際は少人数のグループか女性同士、カップルがオススメです。

いずれにしても、静かな店内・おしゃれな内装・美味しいスイーツと、素敵な時間が過ごせます。