有給日和 | 有給を使った理想的な旅

平日を休日に変える、有給休暇の取り方や楽しみ方を提案します

【長野県下諏訪】一人旅の楽しみ方|温泉・酒・飯を満喫する2泊3日の旅②

長野県の諏訪湖に2泊3日の日程で滞在する今回の旅。

徹底してなにもしないことを満喫するべく、帰りの時間以外は、一切予定を組んでいない。

 

初日は、ちいとこ商店でクラフトビールを、東寿司で地酒を、そしてマスヤバーで再びクラフトビールを満喫。

大満足で床に着いた。

 

そんな、予定がないことを楽しむ、下諏訪一人旅の2日目の記事です。

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

2日目 午前中

起床

散々飲んだ割には、すっきりと起きることができた2日目の朝。

とりあえず身支度を整えて、朝食にする。

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

朝食は、マスヤオリジナルの『マスヤブレンド』だ。

近くのパン屋さんでコッペパンでも買おうと思っていたが、今日は営業していない様子。

そのため、最寄りのセブンイレブンでワッフルを調達。

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

今日出発する宿泊者さんの予定を聞きながら、スタッフさんと一緒に食堂で朝食。

自分のいったことのない場所や、土地の話が聞けて、とても楽しい。

午前中

午前中はマスヤのリビングで、ひたすら作業。

WiFi・電源が使えるのがありがたい。

さらにフリードリンクなので、申し分ない。

 

縁側と玄関が開けられているので、風が室内を通り抜ける。

東京都内とは違った、山の風の感じがして心地よい。

スタッフさんがゲストハウス内を掃除する音を聞きながら、宿泊者のプログラマーの人と一緒に、ひたすら作業をしていました。

2日目昼食 うな丼

2日目の昼食は、うな丼である。

個人的に、今まで食べたうな丼の中で1番美味しいと思っているのが、下諏訪にある「うな富」のうな丼だ。

下諏訪に来て、マスヤゲストハウスに泊まるなら、うな富のうな丼はセットで楽しみたい。

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

12時少し前にお店に行くと、すでに行列ができている。

うな丼を食べてくて、お腹を空かせてきたのに、うなぎの焼ける臭いを嗅がされながら、待つのは拷問である。

 

地獄の様な時間を耐えて、ようやくうな丼を注文。

注文するのは、うな富の中でも最大量を誇る「特上」だ。

丼からはみ出るほどの、暴力的な量のうなぎが楽しめる。

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

皮はパリパリ、中はジューシー。

甘辛いうなぎのタレが食欲を誘い、ご飯がもりもり食べられる。

炭火で焼いているので、炭の風味がさらに食欲を加速させてくれる。

 

名残惜しさを感じさせないほど、一瞬で完食。

あたりまえだが、腹パンである。

ただ、うな富のうなぎは本当に、めちゃくちゃ美味い。

2日目 午後

下諏訪サイクリング part2

昨日に引き続いて、腹ごなしのサイクリング。

初夏とはいえ、標高の高い長野県は肌寒く、隣町のワークマンplusまで、ウィンドブレーカーを買いに行く。

別に都内で買ってもいいけど、旅先でわざわざ日用品を買うのも、地元に溶け込んだ感があって楽しい。

 

ワークマンplusから、まっすぐ帰るのも面白くないので、諏訪湖の湖畔を少し走る。

やや曇っているのが残念だが、諏訪湖に来ると「下諏訪に来たなぁ」という気がする。

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

途中、かなり年季の入ったタバコの自動販売機を見つける。

こういうレトロな自販機を見るのも、旅先の楽しみである。

ちいとこ商店 2回目

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

2時間ほどのサイクリングを楽しんで、お茶が飲みたくなったので、2回目のちいとこ商店。

今度はカフェラテ(アイス)とヤングドーナツ。

静かな店内で30分ほどを、まったりと過ごす。

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

マスターに聞いてみると、昨日の夜にクラフトビールの樽が1つ空いたそう。

一緒に飲んでいた地元の人が、かなりの酒豪さんだったので、ビア樽が空くのも納得だ。

旦過の湯(たんがのゆ)

ちいとこ商店から帰ってきて、少しお昼寝。

時間に余裕がないとお昼寝はできないので、贅沢な時間の使い方だ。

 

夕方、というには少し早い時間。

昨日は、何度も行っている菅野温泉に入ったけど、今回は新規開拓で旦過の湯を目指す。

天気はあいにくの雨模様だけど、マスヤから傘とお風呂セットを借りて、旦過の湯を目指す。

昨日の菅野温泉と比べると、旦過の湯は「銭湯」という感じ。

レトロな雰囲気が旅情を盛り上げる。

 

旦過の湯も、下諏訪のご多分に漏れず高温の湯が特徴だ。

室内風呂は、かなりの高温でほぼ入浴できず。

気持ち温度の低い、露天風呂の方をメインに入浴する。

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

旦過の湯でも、風呂上がりの牛乳を飲んで、マスヤに戻る。

6月とはいえ、雨の降っている下諏訪の夕方は、かなり冷え込む。

せっかく温まった体が冷える前に、マスヤを目指す。

ゆき

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

駅前にある居酒屋でマスヤのスタッフも利用する「ゆき」へ。

地元の人の利用率も高く、19時前後は満席で入れないことも。

今回は1人ということもあり、早めに入って混む前に退散する予定だ。

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

チェーン店とは違ったメニューが楽しめるゆきは、女将さんのちゃきちゃきとした立ち回りと相まって、下諏訪にくる旅に飲みにきている。

地酒のメニューに興味が引かれて、下諏訪唯一の蔵元が作る「御湖鶴(みこつる)」をオーダー。

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

日本酒のアテは、韓国のりとチャンジャ。

御湖鶴のすっきりとしたコクと、韓国のりの風味がマッチして、グイグイ飲める。

さらに、ゆきに来たら押さえておきたい馬刺し。

3つの部位が楽しめる盛り合わせを生姜醤油で楽しむ。

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

日本酒に合い過ぎるアテを楽しんで、〆にラーメンを注文。

辛そうなビジュアルに反して、ちょっとピリ辛くらいの風味だ。

少し肌寒かったこともあり、温かいラーメンがとても美味しい。

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

ただい、ひとつ誤算だったのは〆のラーメンを食べると、白いご飯が食べたくなったこと。

ピリ辛のラーメンには、白いご飯が美味しいんです…。

マスヤ バー

マスヤに戻って、マスヤバーで飲みなおし。

今日は、土曜日ということもあって満室御礼で、バーの席も満席となっている。

 

登山・写真・空き家対策・DIY・プログラミングなど、とりとめもない話をする時間が最高に楽しい。

マスヤバーに来たら、エイトピークスのクラフトビールを飲むと決めているので、昨日飲めなかった分をオーダー。

同じビールでも、それぞれに違った味わいや風味が楽しめるのが、クラフトビールの特徴だ。

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

さらに、昨日飲んで美味しかった髙天(こうてん)も注文。

知らない土地や分野の話をおつまみに、バーが閉まる11時まで楽しい時間を過ごした。

2日目 まとめ

2日目は、午前中は朝食と作業に当てて過ごした。

「それ、別に旅行先でやる必要なくね?」と言われれば、その通りである。

ただ、いつもと違う環境でする作業は、それ自体が楽しく、苦ではない。

長野県下諏訪で楽しむ一人旅のイメージ画像

うな富のうな丼も、安定の美味しさで、いつも心まで満たしてくれる。

お腹の方は満たしすぎてくれるほどだが…。

結局、うな富のうな丼で腹パンになっていて、夜まで空腹を感じることはなかった。

 

温泉・酒・飯・人とすべてが最高の下諏訪だが、唯一の欠点は最終日に帰りたくなくて、憂鬱になることだ。

ナーバスになりながらも、ドミトリーの2段ベッドでこの日は就寝。

 

明日はいよいよ最終日。

下諏訪での滞在時間も半日ほどだが、後悔の無いように過ごしたい。

そもそも旅行に出かける休みが取れない、という人は

アルバイトでもパートでも派遣社員でも、働いている人には有給休暇を取る権利があります。

休日に有給を加えて旅行にいったり、自分の好きなことに時間をつかうことは、生きていく上で大切なことです。

 

有給は雇用形態に関わらず、与えらえています。

しかし、周囲の空気や上司に気を使って、有給が使えないのはツライですよね。

  • どうすれば、有給を取りやすくなるのか?
  • そもそも有給を使うのに理由はいるのか?
  • 有給を申請したら、日付を変えろって言われた。

有給休暇は労働者の権利! 権利を侵害する上司や会社は訴えてやる!

と、勢いよく言っても、同僚から「面倒くさいやつ」と思われるのも考えもの。

権利は権利として主張することが必要ですが、過度な主張をして職場で浮いてしまうのも避けたいところ。

周囲から浮かず、それでいて仕事もこなしつつ、有給を取る。

そんな方法をまとめた記事もあります。

有給を取りたいけど、言い出しにくい……。

そんな時に、ぜひ読んでみて下さい。