箱根ヶ崎.com/有給をもっと楽しむ

有給休暇の取り方や楽しみ方を提案します

国内旅行で40%以上旅費を節約できる3つのポイント

旅行の楽しみ方は人によって違いますが、日常とは違う場所に行くことで新鮮な気持ちになります。

いつもは見れない場所を見たり、違った体験をしたり、珍しいものを食べたりするのが旅行の醍醐味です。

 

そんな中で、気になるのが旅費。

せっかくの楽しみなので旅行中のお金は気にしない、という人も多いのでないでしょうか?

 

ただ、楽しみを損なわない範囲で、節約できるならしたいですよね。

この記事では上手く使いこなせば、普通に国内旅行をするより40%程度は旅費を節約できるポイントを、3つに絞ってご紹介します。

 

家族旅行というよりは、少人数や1人旅向きの方法ですが、部分的に取り入れられるところもあるので、参考にしてみて下さい。

国内旅行の旅費を節約しながら楽しむ写真

旅を楽しみながら節約する
続きを読む

下諏訪のモーニングにオススメのカフェ『UMI COFFEE & LAUNDRY』 メニューなどを紹介

下諏訪駅から徒歩5分ほどの所にある『UMI COFFEE & LAUNDRY(ウミコーヒー&ランドリー)』は、特殊な場所以外は全てオーナーが1人で作ったお店です。

 

2018年にオープンした比較的新しいカフェですが、ゆったりした下諏訪の空気感に合うシンプルな店内と、特にホットサンドがおすすめとのこと。

 

この記事では店内の様子や、オススメのメニューなどを合わせてご紹介します。

下諏訪のUMI COFFEE & LAUNDRYを紹介する写真

下諏訪でおすすめの朝食カフェ
続きを読む

下諏訪の蔵を改装したカフェ『gatoha』 マップコードやメニューを紹介

下諏訪駅から徒歩数分の所にあるカフェ「gatoha(ガトハ)」は、蔵を改装して作られたお店。

駅前の道から横に入って、さらに奥まった所にある佇まいに趣を感じます。

 

古民家やロッヂ風のカフェはありますが、蔵を改装したカフェはちょっと珍しいですよね。

 

この記事では気になるgatohaの店内やメニュー、マップコードなどをご紹介します。

下諏訪のカフェ、ガトハの写真

下諏訪の隠れ家的カフェをご紹介
続きを読む

長野県下諏訪でオススメのうなぎ屋『うな富』 マップコードやメニュー・駐車場を紹介

うなぎを普段食べる時はどうしていますか?

おそらく、スーパーやチェーン店で食べることがほとんどだと思います。

 

実際に私もうなぎを食べるのは大半がチェーン店、たまにスーパーで買ってきたものを自宅で食べる程度でした。

 

うなぎ屋というと、高級で気軽に行けない。

そんなイメージがありました。

 

しかし、長野県下諏訪にある『うな富』は町のうなぎ屋さん、といった感じで入りやすく、味も抜群に美味しい名店。

下諏訪に行った際には押さえておきたいお店の1つです。

 

この記事ではメニューや料理の他に、車で行く人も多いと思うので駐車場情報なども、あわせてご紹介します。

下諏訪でオススメのうなぎ屋『うな富』の写真

夏にかぎらず食べたいうなぎの名店
続きを読む

休み方がわからない人に必要な、たった1つの事とは?

「有給休暇を強制的にとらされるようになったけど、休みになったところで退屈だ」

「休みの日に何をしていいかわからない」

そんな風に思うときはありませんか?

 

働き方改革や残業時間の規制が入って、仕事をしているときが短くなったところで1番大切なのはそれ以外の時間の過ごし方です。

仕事が楽しくて仕方ない人は問題ありませんが、そうではない人にとっては『仕事以外の時間=本命』といっていっても過言ではありません。

 

ただ、せっかくの本命の時間も、後悔するような使い方をしていては勿体ないですよね。

ではどうすれば後悔なく、充実した休みを過ごせるのでしょう?

 

この記事では「休み方がわからない」という方に、必要なものをご紹介します。

休み方がわからない時の休み方のイメージ写真

休み方がわからい人に必要なものとは?
続きを読む

人生に疲れて休みたいときの有給休暇を使った休み方マニュアル

嫌な気持ちになったり、今すぐ辞めてしまいたくなったりすることはありませんか?

他の人と関わって仕事や生活をする以上、ネガティブな気持ちになることはありますが、それがずっと続くと疲れてしまいます。

 

何事にも動じない鋼鉄のメンタルを持っている人は問題ありませんが、どちらかというと傷つきやすい心の人には、疲れることの多い世の中です。

ただ、鋼鉄のメンタルは手に入らなくても、ネガティブな気持ちになった疲れから素早く回復できるようにすることはできます。

 

なぜなら私自身が豆腐メンタル、それも木綿ではなく『絹ごし豆腐』くらいの強度なので、

ネガティブな気持ちになって疲れた後は、できるだけ素早く立て直す必要に迫られたからです。

 

この記事では「気持ちを強く持つ」などの精神論ではなく、ネガティブな気持ちになって疲れてしまったときの、有給休暇を使った具体的な回復方法をご紹介します。

人生に疲れて休みたいときのイメージ写真

人生で疲れた時の休み方
続きを読む

カメラ初心者が中古を買うならカメラのキタムラの通販がオススメ

スマホでもカメラでも水没の不幸は突然訪れます。

狙った訳ではないのに、ピンポイントで水に濡れてしまう、もしくは濡れそうになってしまう。

誰でも1度は経験があることではないでしょうか?

  • なんでそんな所に置いたのか…
  • もっとしっかり持っておけば…

悔やんでも悔やみきれません。

 

水没後、復旧すればいいですが問題はしなかったとき。

修理に出すか、新しく買いなおすか、それともカメラを辞めるかの三択になります。

 

私も水没した時は悩みましたが、第4の選択として中古のカメラを購入する事を選びました。

この記事では

  • カメラを使うのは1~2週間に1、2回
  • 1眼カメラを使い始めて1年以内

こんな方に向けて、初心者かつライトユーザーの私がカメラの水没から、ふたたびカメラを手に入れた流れを書きます。

カメラのキタムラで中古カメラを通販するイメージ写真

初心者が中古のカメラを買うには
続きを読む

『有給休暇5日間義務化』に中小企業の現場が対応するには

有給休暇の義務化は、世界的に見ても低い日本の習得率を上げる為の方策ですが、強制となると、どうでしょうか?

単純に有給の習得率が上がれば会社も優良企業とされ、厚生労働省も「働き方改革ができている」と喜ぶかもしれません。

 

ただ、有給の義務化は働いている私たちの為の法律。

強制的な有給休暇の取得は、余計な仕事のしわ寄せを生みます。

 

制度が整っている大企業はともかく、制度が未熟な中小企業では今でも有給休暇の申請が出しづらいところも多いのでは?

 

この記事では有給休暇の義務化にともなって「有給は5日とってね。ただ、仕事量は減らないけど」という、中小企業側の無茶振りに現場が少しでも答えやすくする為の方法を書きました。

  • 休め、休めと言われるけど、実際に休むと電話がバンバン鳴る
  • 部下に有給を取らせたいけど、休まれると仕事が回らない
  • そもそも有給義務化になる対象がわからない

この辺りの悩みを順に解決します。

有給休暇義務化に中小企業が対応するイメージ写真

義務化に対応するには現場から
続きを読む