考えはいつだってNo think!

考えはいつもNo think! は丸の内界隈の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです

【from afar倉庫01 / 墨田区】雑貨と器に個性が光る倉庫改装のカフェ!

 f:id:hakonegasakipn3:20170907210205j:plain

カフェって言うと自由ヶ丘や表参道、青山などのキラキラした場所が思い浮かぶ
ただ、最近”アツい”と思っているのが墨田区台東区界隈だ。
 
古くからあるカフェってか喫茶店と言う雰囲気の”デン”や、接客・料理・雰囲気が最高に素敵な”itonowa”など魅力的なお店が多い。
 
各お店は個性はそれぞれだけど、都会的なシュッとした感じよりも、手作り感があって温かみのある雰囲気はどこか共通している様に思える。
 
そんな墨田区に、ギャラリーが併設された様な、倉庫風の個性的なカフェがあると聞いて行ってきた。

from afar倉庫01

都営浅草線の浅草駅を降りて、観光客とは逆方向に向かう。
隅田川を越えて、首都高の下を歩いていく。
周りは完全に住宅街で商店の様な物は見えない。
(浅草方面から歩いてくると、ちょっと不安になる)
 
from afar(フロム アファー)倉庫01はそんな住宅街の一角に店舗を構える。
大きな看板は出ていないので、注意していないと通り過ぎてしまいな感じがする。

f:id:hakonegasakipn3:20170907205817j:plain

 
店内の手前側には雑貨が並べられて、実際に手に取る事が出来る。
花や鉱石・鉄器など、一見無秩序に見えて、統一感があるのは雑貨のセレクトをしているオーナーさん達のセンスだと思う。
 
そして店内中ほどから奥が、カフェスペースになっている。
倉庫を改装したカフェスペースは隠れ家と言うか秘密基地の様な、お酒を出したら絶対に”男の隠れ家 特集”とかに掲載されそうな感じだ。
 

f:id:hakonegasakipn3:20170907205906j:plain

 (個人的にあこがれの”カリモク60”のソファもある)
 
カフェ利用の場合は先にレジでオーダーしてから席に案内される。
 
店内は倉庫の名残を感じる高い天井も相まって、広々とした感じがとにかく気持ちいい。
 

f:id:hakonegasakipn3:20170907205934j:plain

 

ブレンドコーヒー&ガトーショコラ

ブレンドコーヒー

f:id:hakonegasakipn3:20170907210042j:plain

コク・苦味・酸味がバランスよく味わえるコーヒー。
どんなデザートにもよく合う、永遠の相棒。
 

ガトーショコラ 

f:id:hakonegasakipn3:20170907205958j:plain

チョコレートの甘さに甘さ控えめのさわやか生クリーム。
ピスタチオのカリカリとした食感もアクセント!
 

雑貨と器に個性が光る

f:id:hakonegasakipn3:20170907210105j:plain

コーヒーが運ばれて来て、まず注目したいって言うか、嫌でも目に入るのが器。
 
カフェの器ってシンプルで無地の物が多かったけど、from afar 倉庫01のカップはまさかの総柄。
思わず「おお!?」と思ってよく見たら伊万里焼のカップでもう一回「おお!?」ってなった。
 
伊万里焼のカップだと主張が強くて、下手をすると”実家感”が出ちゃうんじゃないかと要らぬ心配をしてしまうが、それをキッチリまとめているのがこのカフェの凄い所。
 
カフェってコーヒーや食べ物の味も大切だけど、それと同じくらいに”世界観”や”雰囲気”が大切で、普段の生活の場所からちょっと離れて、少しの時間をゆっくりとくつろいで過ごす場所がカフェだと思う。
 
 
その為に店側でも、話声が大きくなり過ぎない様に、1グループ辺りに人数を制限したり、写真撮影にルールを設けるなど、配慮が見られる。
 
この”お店側と客側での相互の配慮”によって静かで居心地の良い空間になってるんだと思う。
 
出来れば次回は本かkindleを持って行って、コーヒーを飲みつつゆっくりと読書をしながら、静かでくつろげる空間を満喫してきたい。
 
それでは、また。
---

from afar 倉庫01

営業時間:12:00~19:00 (LO:18:30)
定休日:月曜日(たまに不定休になるため要確認)
---

他にもコーヒーが飲みたくなるカフェの記事、あります

www.hakonegasaki.com

www.hakonegasaki.com