考えはいつだってNo think!

考えはいつもNo think! は丸の内界隈の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです

【弱尊 / 岐阜県高山市】ガツンとした無骨な辛さにスプーンが止まらない!?

f:id:hakonegasakipn3:20170913190304j:plain


外食する際にカレーを嫌う人が一定数存在する。
わざわざ家で食べられるカレーを外食で食べるのはどうなの? と言うのがその根拠らしい。
 
その気持ちは解らないでは無いが、ちょっと待ってほしい。
”わざわざ”家で食べられる”物に更にお金を掛けたらそれはそれは美味しい物が食べられるだろう。
いや、食べられるに違いない。
 
そんな家で食べるカレーとは一線を画すカレーが食べられるのが岐阜県高山市に店舗を構える"弱尊(じゃくそん)"である。

弱尊(じゃくそん)

高山って言うと飛騨牛高山ラーメン朴葉味噌辺りがメジャーな御三家ではなかろうか?
ただ、それ以外にも名物や旨い物は数多い。
 
日本酒を贅沢に使った大吟醸酒ソフト・海外の観光客に大人気の極上バーガーなど、伝統的な名物だけじゃなく新商品開発に余念が無い

f:id:hakonegasakipn3:20170913210425j:plain

(寄食かと思いきや、日本酒のコクがあって美味しい大吟醸酒ソフト)
 
新駅舎も完成し、一層盛り上がりを見せる高山駅から徒歩数分程の距離に弱尊の店舗はある。
あまりカレー屋っぽい感じはしないので、看板をしっかり見て見落とさない様にしたい。

f:id:hakonegasakipn3:20170913190138j:plain

(カフェ等とは違う意味で趣のある佇まいである)

 
店内はカウンター席と奥に個室っぽいスペースがあり、基本的に奥の席から案内されていく。
オーナーの趣味も反映してか、店内の雰囲気はカレー屋と言うよりもライブハウスである。

f:id:hakonegasakipn3:20170913190635j:plain

(押入れを改装してコンポが置いてあったりする)

 
メニューはカレー・ハヤシライス・トッピング・サイドメニュー・アルコール類と非常に豊富。
ただ、こちらとしては匂いで完全に”カレーモード”に突入しているので選ぶはカレー1択である。

f:id:hakonegasakipn3:20170913190148j:plain

(メニューも個性的だ)

 

唯我独尊ソーセージカレー等も気になるが、一際目を引いたのが”弱尊牛スジカレー”だ。

店名を冠する事からも、店側の自信の程が伺える。

 

オーダー後はセットになっているサラダを食べながらカレーの到着を待つ。

ちなみにこのサラダ、掛かっているドレッシングはオリジナルで中に入っている物は秘密だそうだ。

野菜の味を邪魔せず、しっかりと主張していくるドレッシングは控えめに言って非常に美味しい。

f:id:hakonegasakipn3:20170913190206j:plain

 

弱尊牛スジカレー

f:id:hakonegasakipn3:20170913190157j:plain

たっぷりごはんの上にたっぷりカレールー。更に具もどっさりの大盤振る舞い。
カレーはガツンとした無骨な味とスパイスの聞いた辛みが特徴。
夏の暑い日にガツガツ食べたくなる。
 

 

ガツンとした無骨で骨太な辛さが病みつきになる

f:id:hakonegasakipn3:20170913190154j:plain

まずはカレーを食べて驚いた。
何度も書いているが本当に味が”ガツン”と来る。
 
濃厚ともしっかりした味、とも違う”ガツン”とした無骨な味が特徴的。
単純な辛さじゃなくて、コク深い黒カレーに近い辛さだ。
牛スジもトロトロになるまで煮込まれおり、カレーを食べる時の食感を邪魔しない。
 
そして、たっぷり過ぎる程掛かったカレールーが心強い。
外食のカレーはごはんに対してカレールーが控えめな場合があるけど、弱尊に限っては心配無用。
260gのごはんの周囲をカレールーが完全包囲している。
 
食べていると、汗が噴き出してくるので”弱尊”と力強く書かれたうちわが活躍しっぱなしだ。
ごはんの量も相まってかなりお腹が膨れる。
小盛や小小盛なども可能なので、小食な人や女性は小盛にしても良いかも知れない。
 
店の雰囲気から最初はやや入りにくいかも知れないが、ご飯の量や辛い物が苦手ならハヤシライスにしたり、逆に辛い物好きにはカレーを選んでさらにトッピングで辛さを極める事も出来る。
その懐の広さから、暑い夏にはもちろん、飛騨高山の雪が積もる冬にも食べたいカレーである。
 
それでは、また。
---

弱尊

営業時間:11:45~14:45・17:30~21:30
定休日:木曜日
---

他にもカレーの記事、あります 

www.hakonegasaki.com

www.hakonegasaki.com