有給日和 / 平日を休日に変えるブログ

平日を休日に変える、有給休暇の取り方や楽しみ方を提案します

行った!飲んだ!旨かった! 旅行で現地に行ったら飲みたい、おすすめクラフトビール

旅行の楽しみは、何といっても旅先での食べ物ではないでしょうか。

普段とは全く違う食材や味付けは、旅先ならでは。

ぜひ、楽しみたいところですよね。

 

旅行を趣味にしている私としては、それに加え「クラフトビール」も大きな楽しみの1つ。

全国各地の醸造所で作られたビールは、どれも個性的な味わい。

旅行先では一期一会として、できるだけクラフトビールを飲むようにしています。

 

この記事では、私が過去に飲んだものの中から、特に印象に残っているクラフトビールを厳選してご紹介します。

全種類は紹介しきれませんが、旅行の楽しみの1つに「クラフトビール」をぜひ、加えてみて下さい。

旅行先でクラフトビールを飲むイメージ写真

クラフトビールとは?

クラフトビールとは、アサヒやキリンといった大規模なメーカーではなく、全国各地の小規模な醸造所で作られるビールのこと。

クラフトビールの「クラフト」とは職人や技術、という意味が含まれています。 

クラフトビールと普通のビールと何が違う?

大規模なメーカーとは違い、小規模なメーカーは日本各地にあります。

そして、メーカーが違えば味やのど越しも変わってきます。 

旅行先でクラフトビールを飲むイメージ写真

同じ種類のビールを大量に作るのではなく、色々な個性のあるビールを少量作るのがクラフトビールの特徴です。

ビールを作る設備の関係から、少量しか作ることができない、ということもありますが……。

 

そのため、地域に根差した味わいが楽しめるのが特徴です。

クラフトビールメーカーのある地域の特徴や、その土地への思いを込めた味が楽しめます。

実際に行って飲んだおすすめクラフトビール

クラフトビールの醍醐味は、旅行先で楽しむこと。

実際に、その土地の景色を見ながら飲むクラフトビールは格別です。

 

では、どんな土地のどんなクラフトビールが美味しかったか、いくつかピックアップしてご紹介します。

もちろん、これ以外にも美味しいクラフトビールは存在するので、ぜひ自分ごのみ味わいを探して下さい。

おすすめクラフトビール:Meta Wheat Ale(メタ ホワイトエール)

長野県茅野市にある「8Peaks BREWING」のクラフトビール。

会社名でもある8Peaksとは、街のシンボルでもある八ヶ岳のことです。

中央道を利用するユーザーにとってはお馴染みの八ヶ岳SAなどが有名ですね。

もっとも、メーカーの住所自体は諏訪湖SAの方が近いのですが……。 

旅行先でクラフトビールを飲むイメージ写真

メタホワイトエールは、フルーティーな味わいで軽めの飲み口が特徴。

1杯目、というよりは食事の途中や、デザートと一緒に飲みたくなるクラフトビールです。

ビール名の「Meta」とは、諏訪地域の方言で「すごく・どんどん」という意味。

文字通り、すごくどんどん飲める魔法のビール。

▼8Peaks BREWINGの公式Webサイトはこちら

8 Peaks BREWING | 八ヶ岳山麓のクラフトビールブランド

おすすめクラフトビール:メロンエール

北海道、小樽発のメーカー「北海道麦酒醸造」のクラフトビール。

北海道で毎年行われているオクトーバーフェスで、飲むことができました。

定期的に開催されているビール関係のフェスやイベントは、その地域のメーカーが参加している確立が高いので、旅行に行く際は押さえておきたい情報です。 

旅行先でクラフトビールを飲むイメージ写真

メロンエールは、名前の通りメロンの香りや味わいが特徴のクラフトビール。

北海道麦酒醸造でも「フルーツビール」というカテゴリーになっています。

ビールの苦みと、果汁100%ジュースのようなしっかりしたメロンの味わいが楽しめるクラフトビールです。

最初の1口目は、絶対に「ビールなのに、メロンの味がする!」と驚きます。

▼ 北海道麦酒醸造の公式Webサイトはこちら

北海道麦酒醸造株式会社

おすすめクラフトビール:修善寺ヘリテッジヘレス

夫婦二人でのビール造りからスタートした静岡県のメーカー「ベアード・ビール」のクラフトビール。

醸造所以外にも「タップルーム」と呼ばれる、飲食店を複数展開しています。

横浜や都内にも展開しているので、比較的気軽に楽しめるクラフトビールメーカーです。

 

ベアード・ビールのラインナップの中でも定番のクラフトビールです。

大手メーカーとは違う味わいを残しつつ、万人受けする完璧なバランスが特徴。

クラフトビールの最初の1杯に、特におすすめしたいビールです。

▼ ベアード・ビールの公式Webサイトはこちら

ベアードビール

クラフトビールで良い旅を

ビールだけが目的の旅行はあまり無いかもしれませんが、旅行先をもっと楽しむ方法の1つとしてクラフトビールをご紹介しました。

 

クラフトビールのメーカーは、日本の各地にあるので、どんな旅行先でも楽しむことができます。

旅行に行く前にどんなメーカーがあるのか調べて行ってもいいし、あえて調べずに偶然の出会いに期待するのも楽しいものです。 

旅行先でクラフトビールを飲むイメージ写真

旅館やホテルでは、その土地のクラフトビールを楽しめるところもあります。

プランにもよりますが、クラフトビールが飲み放題のところも。

ぜひ、クラフトビールで良い旅を過ごして下さい。

楽天トラベルでクラフトビールが飲める宿を探す

まとめ

  • クラフトビールは、少量のみ作られる個性的なビール
  • クラフトビールのメーカーは日本各地にある
  • ホテルや旅館でもクラフトビールが楽しめるプランがある

この記事をまとめると以上の3点になります。

 

自動車やバイクで旅行に行くと、ビールが楽しめるタイミングは限られます。

その場合は、クラフトビールが飲める旅館やホテルのプランで楽しみたいところ。

 

公共交通機関で移動する場合は、いつから飲んでもOKなので、ぜひ旅行先を満喫する方法の1つに加えてみて下さい。

そもそも休みが取れない、という人は

アルバイトでもパートでも派遣社員でも、働いている人には有給休暇を取る権利があります。

休日に有給を加えて旅行にいったり、自分の好きなことに時間をつかうことは、生きていく上で大切なことです。

 

有給は雇用形態に関わらず、与えらえています。

しかし、周囲の空気や上司に気を使って、有給が使えないのはツライですよね。

 

  • どうすれば、有給を取りやすくなるのか?
  • そもそも有給を使うのに理由はいるのか?
  • 有給を申請したら、日付を変えろって言われた。

 

有給休暇は労働者の権利! 権利を侵害する上司や会社は訴えてやる!

と、勢いよく言っても、同僚から「面倒くさいやつ」と思われるのも考えもの。

権利は権利として主張することが必要ですが、過度な主張をして職場で浮いてしまうのも避けたいところ。

周囲から浮かず、それでいて仕事もこなしつつ、有給を取る。

そんな方法をまとめた記事もあります。

有給を取りたいけど、言い出しにくい……。

そんな時に、ぜひ読んでみて下さい。