箱根ヶ崎、今日何食べる?

「今日食べたくなるもの」をテーマに紹介する、たべものブログです

【飛騨高山/グルメ】古い街並みにある隠れ家カフェ 青。中庭を見ながら食べる和スイーツが超オススメ!

カフェ青のスイーツ

タクアンとナス以外は食べる事が大好きな箱根ヶ崎P.N.3 (@pn3pn3)です。

 

飛騨高山に来たらどんなものが食べたいですか?

飛騨牛? 高山ラーメン? 五平餅やだんご?

 

有名な食べ物やお店も、もちろん気になるところですが少し変化球を狙って、カフェはどうでしょうか?

高山の有名なものはどちらかというと、がっつり食事系が多いので気になるお店全部食べる、という訳にはいきませんよね。

 

ただ、カフェなら休憩で使えるので、行きたいメインのお店に付け加えて行く事ができるます。

高山にも魅力的なカフェは多いですが、そんな中でも「カフェ 青」は和モダンな空間と、部屋から見える中庭が魅力的な隠れ家系カフェです。

 

味よし、場所よし、雰囲気よし、と三拍子そろったカフェ 青。

飛騨高山に行ったときは押さえておきたいお店の1つです。 

飛騨高山の古い街並みにあるカフェ 青

飛騨高山の魅力はなんと言っても古い街並みですよね。

陣屋などの古い建物を残しつつ、コンビニなどの建物も茶色をメインカラーにして景観に配慮した外見になっています。

子供の時はなんとも 思いませんでしたが、古い街並みがズラーっと続く様子はなかなかの見応えです。

 

カフェ 青もそんな古い街並みの一角にあります。

一目で分かる特徴的がある訳じゃないので、初めて行くときは注意しておかないと通り過ぎてしまいそうです。

cafe青

カフェ青

「うなぎの寝床」と言われる昔ながらの、細長い蔵の中を進んだ先に、カフェ 青があります。

カフェ 青はいくつかお店が入っている蔵の中にありますが、入口からカフェのお店に着くまでも「和」な雰囲気あって退屈しません。

こおあたりのアプローチと言うか、雰囲気の出し方は都会のカフェではマネできない、贅沢な空間の使い方ですね。

 

靴を脱いで店内に入ると、和室をベースにしたモダンな部屋が広がります。

畳の上のテーブルって不自然な感じになりがちですが、落ち着きを感じる空間になっているのに、家具のチョイスや配置の妙を感じます。

カフェ青の店内

座るなら、中庭が見える席が絶対オススメです。

小京都と呼ばれる高山で、和の雰囲気を感じる中庭を見ながらお茶を飲む。

最高のシチュエーションじゃないですか。

カフェ青の中庭

カフェってドリンクやフードも大切ですが、それと同じくらいシチュエーションが大切です。

いつもとは違う空間で、美味しい物を食べるのがカフェの醍醐味なのです。 

手練りわらびもち

飛騨高山のカフェ青

小京都で和スイーツを食べる贅沢。

右側はきな粉なので、わらびもちに崩してかけてもいいし、逆につけて食べても美味しい。

中庭を見ながら食べる和スイーツに心もお腹も大満足

きな粉もわらびもちも、控えめな甘さ。

下手に甘くしない分、真夏でもさっぱり食べらるスイーツになっています。

 

つるっとした、コシのあるわらびもちは食べるとしっかりとした歯ごたえとほのかな黒蜜の甘味が楽しめます。

そこに協力な助っ人である、きな粉をまぶして食べると最高に美味しい和スーツが楽しめます。

美味しいからと言って、勢いよく食べると一瞬で無くなってしまうので、少しづつ味わいながら食べたいところ。

 

少し早めにお店にいったので、静かな和室を貸し切りで使える贅沢をしてきました。

何かをするわけじゃありませんが、ぼーっと中庭を眺めながら時間が過ぎていくと、贅沢な時間の使い方をしている 、と思えます。

不思議と今まで行った古民家っぽいカフェはどこのお店も同じ雰囲気がありました。

こちらの記事もどうぞ▼

 

飛騨高山と言うと、飛騨牛に代表されるヘビィ級のグルメが連想されますが、中にはカフェ 青の様に静かに、ゆっくりと時間を楽しめるお店もあります。

夏に限らず、冬にいっても雪が降り積もる中庭が見られるはずなので、行ってみたいですね。

 

それでは、また。 

カフェ 青

 食べログのWebサイト▼

カフェ 青[食べログ]