考えはいつだってNo think!

考えはいつもNo think! は丸の内界隈の箱屋、箱根ヶ崎が「人生を最高に旅せよ!」を合言葉に”旅や移動する事”を楽しむブログです

【犬?猫?】犬山なのに?猫が居て珈琲も美味しいカフェ!【愛知県犬山市 / 珈琲ボタン】

f:id:hakonegasakipn3:20170817182737j:plain

国宝の犬山城を要する愛知県犬山市

地名に動物が入っていると大抵その土地の”ゆるキャラはその動物になる。
 
犬山市でも御多分にもれず、しっかり”わん丸くん”がPRしている。
そんな地名もゆるキャラも犬だらけな街で、ひっそりと猫を全面に出しているカフェを見つけた。
圧倒的劣勢な中でも抵抗を続けるその姿は、さながら第二次世界大戦中のパルチザンの様である。

珈琲 ボタン

犬山市の古い街並みから少し入った所に、古民家を改装したカフェ「珈琲ボタン」がある。
休日ともなれば、多くの人でごったがえすメインストリートだが、少しだけ脇道に逸れると一気に静かになる。

f:id:hakonegasakipn3:20170817182734j:plain

(元が元なので、風格たっぷりの外観)
 
通りに面した飲食店は観光客向けのおみやげ物屋的なお店が多いが珈琲ボタンは元が古民家だからなのか周りに馴染んでいる。
 
元々は別のカフェだった店舗を改装して、開店したとの事なので馴染んで当然と言えば当然かもしれないが、古い物をリメイクしながら使い続ける感じが、犬山の雰囲気に合っている様に思える。
 
大通りから一本入っただけで別世界みたいになるカフェは、熱海でもあったけど”千と千尋の神隠しみたいでちょっと楽しい。
 
2017年4月にオープンしたばかりで、ご夫婦でお店を切り盛りされているそうだ。
店内のBGMがレコードで、たまにご主人が針の調節に来る”わざわざ感”が心地良い。

f:id:hakonegasakipn3:20170817182741j:plain

(入口から奥に広い店内。これとは別にテラス席もある)
 
そして、文字通りお店の看板となっているのが夫妻の愛猫であるボタン君。
店内のBGMもだけど、ボタン君が「にゃーお」と鳴いたり、店内をうろうろしていると、どうしようもなくのんびりした気持ちになる。
単純に猫が居る生活っていいなぁと思う。

f:id:hakonegasakipn3:20170817182730j:plain

(人に慣れているので、嫌がられなければ撫でさせて貰える)
 

 

ボタンブレンド&三層のチーズケーキ

ボタンブレンド

f:id:hakonegasakipn3:20170817182727j:plain

初めてのお店ではあまり冒険をしない派なので、ここは手堅く店の名前を冠したブレンドを。
クセが無く、苦味・酸味が控えめなので珈琲のコクをしっかりと楽しめる。
小ぶりなカップに木のスプーンが付いてきて、とても可愛い。
 

三層のチーズケーキ

f:id:hakonegasakipn3:20170817182744j:plain

見た目シンプル、味しっかり。
酸味控えめのサワークリームと、しっかりとしたチーズ感が楽しめるベイクドチーズ。
そして、ザクッとした食感が楽しい生地の部分。
名前に偽りなく、3層全部余すところなく楽しめる。
 

猫とカフェ

特に調べる事無く、ふらりと入ったお店だったので最初に猫の声を聞いた時には「近くに猫が居るのかな?」くらいだったけど、気づいたら床で寝そべっていて驚いた。
 
更に店内をのっしのっしと闊歩したり、ソファに座ったり自由すぎる振る舞いにもっと驚いた。
ちなみに少し気になって調べてみたら、犬も大きくは「ネコ目(食肉目)」に属するので”結局は犬も猫である”と言う結論に一番驚いた。
イヌ(学名Canis lupus familiarisラテン語名:canis英語名[国際通用名]:dogdomesticdog)は、ネコ目(食肉目)- イヌ科イヌ属に分類される哺乳類の一種である。
今回はお茶とケーキだけだったけど、モーニングやランチもやっている。
特にモーニング文化のある東海圏なので、厚切りトーストにサラダにゆで卵、フルーツまで着いてくる充実っぷりだ。
猫を見ながらぼーっと出来るので、日常を忘れて自分の時間を過ごす時はまた訪れたい。
 
それでは、また。

---

珈琲 ボタン

営業時間:8:00~18:00

定休日:月曜日(他・不定休)

※オフィシャルWebサイトはフェイスブックにあります

---

他にもぼーーーーっとできるカフェの記事、あります 

www.hakonegasaki.com 

www.hakonegasaki.com