有給日和 / 平日を休日に変えるブログ

平日を休日に変える、有給休暇の取り方や楽しみ方を提案します

【解決方法】繊細な人が仕事や人生に疲れたら、1人でホテルに泊まるのがオススメ

自分自身が繊細だと思ったことはありませんか?

 

「いや、自分で自分を繊細だというのも……」と、思うかもしれませんが、自分の本当の気持ちは自分にしかわかりません。

自分が自分を繊細だ、と思うのであれば繊細な人間です。

 

他の人の言動に影響されやすかったり、傷ついてしまったり、繊細な人は何かと苦労することが多いはず。

こんなに悩む必要はないと思っていても、ふとした瞬間に思い出して嫌な気持ちになってしまったり。

 

しかし、ある程度の年齢になってから180度性格を変えることは難しいですよね。

できる事といえば、自分自身を上手くコントロールして、嫌な気持ちにならないようにしたり、早く立ち直れるようにすることではないでしょうか?

 

この記事では、繊細な人にオススメしたい気持ちの回復方法をご紹介しています。

気持ちが傷つきやすい、影響を受けやすい、と思う人はぜひ参考にしてください。

仕事や人生に疲れたホテルに泊まるイメージ写真

ホテルで100%何もしない時間を作る

私自身、自分が繊細な人間だと思っています。

他人に良くも悪くも影響を受けたり、傷ついたと思ったりしたことが何度もあります。

傷つかない様にしようと、何度も思いましたがこればっかりはどうしようもありません。

 

今のところ、私なりのベストの考えは「自分は繊細な人間なので、取扱に気を付ける」ことです。

豆腐メンタルで凹みやすいのは仕方ないとして、そこからの回復方法を考えました。

 

それが「ホテルで100%なにもしない時間を作る」です。

仕事や人生に疲れたホテルに泊まるイメージ写真

ホテルのワクワク感

 「なにもしないなら、自分の部屋でもいい」と思うかもしれませんが、自分の部屋とホテルでは、まったく違います。

それは「ワクワク感」です。

 

ホテルの部屋に入ってドアを閉め、荷物を置いた瞬間の「さて」という感じ。

あの感じは、自分の部屋では感じられません。  

仕事や人生に疲れたホテルに泊まるイメージ写真

意味もなく机の引き出しを開けてみたり、トレイを見てみたり。

部屋の電気をつけてみたり、窓からの景色を眺めてみたり。

普段、部屋でやっている行為の1つ1つが、ホテルでは新鮮に感じられます。

 

これは自分の部屋では感じられませんし、旅館に泊まっても少し違います。

完全密室の部屋に泊まるからこそ味わえる、不思議なワクワク感がホテルの魅力です。

 なぜ繊細な人はホテルでワクワクする必要があるのか

私は、人との関わり方や接し方で悩んでしまう事がありますが、ホテルに泊まっている間はそれを忘れることができます。

なぜでしょうか?

 

それは「ワクワクしている間は、嫌なことを忘れられるから」という、至って普通の回答になります。

楽しいことをしている間は、嫌なことは考えませんよね。

全力で1人でいることを楽しむためにも、繊細な人はホテルに泊まることが必要なのです。 

仕事や人生に疲れたホテルに泊まるイメージ写真

もし、楽しい事をしている間でも嫌なことを考えてしまう、という人は本格的に休養が必要です。

文字通り「休んで、養う」ための休養です。

休んでいる場合じゃなくても、休んで下さい。

その状態で頑張っても、あまり良い結果は得られません。

▼休み方の参考になる記事はこちら

なぜ仕事や人生に疲れるのか?

ホテルでの過ごし方やメリットをご紹介してきましたが、そもそもなぜ仕事や人生に疲れてしまうのでしょうか。

原因は人により色々とあるかもしれませんが、共通している原因は「考えすぎ」です。

 

仕事のことや人間関係の問題は、考えれば考えるほど解決から遠のきます。

大抵の問題は、1人で考えても解決することはありません。

深い悩みほど、考えて考えてお腹が痛くなるほど考えても、よい解決方法は出てきません。 

仕事や人生に疲れたホテルに泊まるイメージ写真

実は人生や仕事で疲れる、というよりは悩んで考えることに疲れていませんか?

悩みながら自分を否定したり、自己肯定感を下げてしまったり。

自分の頭で考えることは大切ですが、考えすぎてもいいことはありません。 

違った景色をみると、考え方の角度が変わる

仕事や人生に疲れたホテルに泊まるイメージ写真

私が泊まったホテルからは、東京駅の景色がよく見えました。

普段見ている視線から大きく違った景色をみることができました。

 

ホテルに入ったら、あとはひたすら引きこもって自分だけの時間を楽しみます。

ただ、特別なことをする必要はありません。

ネットを見ていても、本を読んでいてもかまいません。 

仕事や人生に疲れたホテルに泊まるイメージ写真

個人的にオススメの過ごし方は、ひたすら景色を見ることです。

窓の外の景色をぼーっと眺める。

普段何気ない景色でも、上から見下ろすと少し変わった風景に見えます。

 

そういった景色をみながら、だらだらと飲酒する時間が最高に楽しいです。 

仕事や人生に疲れたホテルに泊まるイメージ写真

イメージとしては、キャンプファイヤーを見ながらお酒を飲む雰囲気に近いかもしれません。

考えすぎるのはよくない、と書きましたが考え方の角度を変えることは必要です。

今まで解決しようとしていたことが、簡単に片付くかもしれません。 

 

同じことを悩みすぎずに、一旦考えることを止めて、ぼーっとしてみて下さい。

今まで思いつかなかった方法がひらめいたり、そもそもこの問題って解決しなくてもいいんじゃない? と、気づいたり。

ホテルでなにもしないことで、新しい「気づき」が得られます。

まとめ

繊細な人は、とりあえず1人でホテルに泊まるべき

ホテルではワクワクを楽しんで、悩むことをやめる

ぼーっと過ごすことで、別の方法が思いつく

この記事をまとめると以上の3点になります。

 

私も含めて繊細な人は、とにかく考えすぎたり傷ついたりしがちです。

考えすぎて、思考の迷宮に入ってしまったときこそ、有給休暇を使ってでもホテルに泊まって、ぼーっと過ごして下さい。 

仕事や人生に疲れたホテルに泊まるイメージ写真

問題の解決まではしなくても、ホテルで過ごすワクワク感で、悩みをしばらくの間は忘れられますよ。

そもそも旅行に出かける休みが取れない、という人は

アルバイトでもパートでも派遣社員でも、働いている人には有給休暇を取る権利があります。

休日に有給を加えて旅行にいったり、自分の好きなことに時間をつかうことは、生きていく上で大切なことです。

 

有給は雇用形態に関わらず、与えらえています。

しかし、周囲の空気や上司に気を使って、有給が使えないのはツライですよね。

 

  • どうすれば、有給を取りやすくなるのか?
  • そもそも有給を使うのに理由はいるのか?
  • 有給を申請したら、日付を変えろって言われた。

 

有給休暇は労働者の権利! 権利を侵害する上司や会社は訴えてやる!

と、勢いよく言っても、同僚から「面倒くさいやつ」と思われるのも考えもの。

権利は権利として主張することが必要ですが、過度な主張をして職場で浮いてしまうのも避けたいところ。

周囲から浮かず、それでいて仕事もこなしつつ、有給を取る。

そんな方法をまとめた記事もあります。

有給を取りたいけど、言い出しにくい……。

そんな時に、ぜひ読んでみて下さい。