箱根ヶ崎、今日何食べる?

「今日食べたくなるもの」をテーマに紹介する、たべものブログです

【銀座/ランチ】 花山うどんの強めのコシが新食感! 鬼ひも川うどん!!

f:id:hakonegasakipn3:20171225221121j:plain

 

タクアンとナス以外は食べる事が大好きな箱根ヶ崎P.N.3 (@pn3pn3)です。

 

銀座に「鬼」の名前を冠するうどんがあるのを知っていますか?

その名も群馬県館林市発の「鬼ひも川」である。

 

群馬県桐生地域の郷土料理である”ひも川うどん”は巾が最大で10cm以上の物まである極太さが特徴のうどんだ。

特徴的なひも川うどんにわざわざ”鬼”とまで着けるのは尋常では無い。

五代目 花山うどん

f:id:hakonegasakipn3:20171225221047j:plain

地元を離れて、東京の日本橋で働いていた初代店主がふとした事から、地元の麺に出会い感銘を受けて、自らうどんを打ち始めたのが花山うどんの始まりである。

そこから天皇家への献上品になったり、南極昭和基地の携行品になったり、数奇な運命を辿っている。

その間、ずーっと”鬼ひも川”があった訳では無く、二代目の店主が開発した物を五代目の店主が復刻させた事から、脚光を浴びる様になった。

 

フォトジェニックと言えば軽い感じがするが、実際に巾5cmくらいあるうどんの見た目はかなりの迫力である。

もう、うどんって言うかちょっとしたワンタンみたいな気がする。

 

やっぱり客層的に年配の方の受けが良いのか、銀座でも少し落ち着いた東銀座の歌舞伎座近くに花山うどん銀座店の店舗は構えられている。

銀座にも色々な顔があるが、場所によって表情が変わるのが面白い。

東銀座は歌舞伎の入退場の時間以外は観光客も少なく、静かだ。

f:id:hakonegasakipn3:20171226201730j:plain

(金色の店名が伝統に裏付けされた自信を感じさせる)

 

順番待ちの時は、店の前に掛かれた名簿に名前を記入して待つ方式だ。

数回呼んでも居ない場合は飛ばされる様なので、大人しく店の前で待っていた方が良いと思われる。

 

同時にメニューも店先にあるので、順番待ちの間にどれにしようか大いに悩む。

こだわりが詰まった昔ながらのうどんも捨てがたいが、花山うどんに来たからにはやっぱり”鬼ひも川”の方を食べたみたい。

f:id:hakonegasakipn3:20171225221053j:plain

(毎回思うのだが、メニューで悩んでいる時間が一番楽しいかもしれない)

 

8組ほど並んでいたけど、20分程で入店。

うどんなのでお店の回転が速いのも嬉しい。

更に、最初に出されるのが黒豆茶と、一風変わっているのも嬉しい。

外で順番を待っている間に体が冷えてしまったので、暖かいお茶が染み入る。

f:id:hakonegasakipn3:20171225221057j:plain

(ちゃんと小さな黒豆が入っているのが可愛らしい)

 

鬼御膳(鬼釜&かき揚げ小丼)

f:id:hakonegasakipn3:20171225221106j:plain

極太の鬼ひも川にたっぷりの具がタヌキのお腹にトッピング。

更にかき揚げ小丼までついて、満腹間違いなし。

 

しっかりしたコシに特性のタレが、正に鬼に金棒!

f:id:hakonegasakipn3:20171225221115j:plain

まず、と言うか当然鬼ひも川から頂く。

お店側の推奨する食べ方としては3段階。

  1. そのままうどんを食べ、素の味を楽しむ
  2. 付属の汁を掛けて、混ぜて食べる。
  3. 更に付属のワサビを掛けて味にアクセントを着ける。

 

この手順に乗っ取って一口食べてみると、一瞬もちっとした食感の後にしっかりとしたコシを感じる。更に、ほのかな甘みを感じる。

これは新食感!

 

勢いづいて、付属の汁を掛ける。やや濃い目との事なので、あまり掛かり過ぎない様に調節しながら、ぐるりと投下。

油そばの要領で、丼にそこからぐりぐりとかき回し、食べると具材の味がうどんに合わさり、それに汁が塩気を添えてくれて非常に美味しい。

 

更に調子に乗ってワサビも全部投下してみる。

軽く混ぜた後に食べると、先の味にワサビの刺激が加わりめっちゃさっぱりした味になって、いくらでも食べられそうだ。

 

f:id:hakonegasakipn3:20171225221109j:plain

そして第二の主役、かき揚げ小丼。

”小”丼と言いつつ、そびえ立つ金色のタワーは結構なボリュームだ。

 

とりあえず天井から被りつくと、サクサクとした軽い食感!

文字通り揚げたてなので、軽やかな食感で全然油っぽくない。

天つゆもやや薄目で、辛くないのでかき揚げの味がそのまま楽しめる。

 

極太な鬼ひも川にタヌキの器が特徴まお店だが、それだけじゃなくて店員さんの応対も丁寧で、店内も落ち着いた雰囲気でゆっくりと食事が楽しめる。

油そば的に混ぜて食べるうどんも楽しいし、途中で味が変えられるのも、アクセントになっている。

 

今日食べた鬼御膳意外にもつけ麺的に食べる”鶏だし南極カレーつけ”などがあったり何回来ても、新しい味が楽しめる。

他にも”鬼ボナーラ”など野心的なメニューがあるので、また訪れたいと思う。

 

それでは、また。

---

五代目 花山うどん

営業時間

  • 平日ランチ11:30~16:00(LO:15:30)
  • 平日ディナー18:00~22:30(LO:22:00)
  • 休日ランチ11:00~16:00(LO:15:30)
  • 土・日・祝のディナーはお休み

定休日:年末年始